hidsgo’s diary

57歳独身男(結婚暦なし)の存在していた記録

stammer and stutter

stammerとstutter、どちらも吃音 (どもり) を意味する英単語だが、違いはあるのだろうか。

ネットを見回しての結論は、国により違う、だった。

stammer はイギリス、アイルランド、インドでよく使われ、stutter はアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドで使われる。

参考にしたのは以下のサイト。
http://www.stuttering-answers.com/Stuttering-or-Stammering.html

(勝手な要約) stutterは古英語(アングロサクソン語; Old English)に由来し、stammerはスカンジナビア地方で使われた古ノルド語(Old Norse)に由来する。古ノルド語はヴァイキングが支配した主に東部から北東部イングランドに影響を与え、stutteringと同じ症状を表す単語としてstammeringも使われるようになった。アメリカ移住者はstutteringを多く使っていたイギリス西海岸部(アイルランドスコットランドも含む)出身者が多かったためアメリカではstutterが主に使用されるが、イギリスではstammeringがより一般的になった。Stutteringはカナダ、オーストラリア、ニュージーランドでも使用されている。

以下のサイトも参考にした。
http://separatedbyacommonlanguage.blogspot.jp/2011/01/stammering-and-stuttering.html

この中で引用されているが The British Stammering Association のサイトには
"Stammering" is the same as "stuttering". "Stammering" is more often used in the UK, Ireland and India. "Stuttering" is usual in the North America or Australia.
とある。

また、イギリスの吃音者支援団体の名称が The British Stammering Association であるのに対し、アメリカの支援団体の名称は National Stuttering Association など stutteringを使用していることからも、国による違いが見て取れる。

ただ私もネットの解説記事を頼るしかなく、ネット上には様々な意見があるので(例えば上記ブログサイトのコメントなど)、地域による違いはあるが、その上で stammer と stutter のニュアンス、用法の違いの議論はあると付記しておく。

 

Stammerとstutterの違いは何だろうと思ったきっかけは、オーストラリアの歌手ミーガン・ワシントン (Megan Washington) のプレゼン。1月1日の夜NHK Eテレで放送された「スーパープレゼンテーション新春SP」の中で賞賛されていた。私はそれまでNHKのスーパープレゼンテーションもTEDもちらっと目にしたことがある程度で、よく知らなかった。


メーガン・ワシントン: なぜ人前で話す恐怖の中で生き続けるのか | Talk Transcript | TED.com

思わず拍手してしまうプレゼンだ。

吃音を意味する単語で私の頭の中に残っていたのは stammer だったが、彼女は stutter と言っているので、調べてみたということです。

ついでながら、TEDは英語の勉強になりますね。

 

ここまで来たら、The King's Speech を見るべきか。


The King's Speech - Official Site

 

以上です。