hidsgo’s diary

57歳独身男(結婚暦なし)の存在していた記録

鼻炎薬

花粉症の季節、苦しんでらっしゃる方も多いようですね。他人事のように書いてすみませんが、私は花粉症ではないです。でも昔はよく、鼻炎用の薬を持ち歩いていました。

小さい頃からよく、何かとすぐ「鼻にくる」体質でした。風邪の引き始めは、くしゃみ、鼻水です。また、何らかのアレルギー鼻炎だったのか、例えばほこりの多いところで、くしゃみ鼻水が止まらないということは時々ありました。鼻をかみすぎて、鼻の下を真っ赤にしたり、頻繁には鼻をかめない学校の授業中などは、ハンカチで鼻を押さえてたりしてました。春先に多いというわけではないので、花粉症ではなかったと思います。そういう鼻炎の症状は頻度的にはそれほどは多くはなかったですが、でも時々発生し、発生すると相当に悩まされます。それで鼻炎薬をカバンに入れておくようになりました。高校から30歳くらいまでかな。

コンタック600、お世話になりましたね。すごく眠くなるので、カプセルばらして少量試したりもしたと思います。もちろん他の鼻炎薬も試したはずです。

鼻炎の症状はしかし、やがて治まりました。30歳くらいだったでしょうか。時々は症状が出ますが、頻度は小さい頃よりずっと少なくなって、体質が変わったのかなと思ったものです。ただ今でもたまに鼻にきます。昨年末大掃除をしたとき、きました。近くの薬局で鼻炎薬を買いましたが、鼻炎薬には親近感がわきますね。

というわけで、鼻炎薬には親近感があるということと体質は変わることもあるという話でした。