全力ひとり

全力で心豊かに温かく孤独を生きる独身男(50代バツなし)の記録

violeta

読みました。

寺地はるな著「ビオレタ」。

ビオレタ (一般書)

ビオレタ (一般書)

 

 

期待にたがわず楽しめたいや期待を超えてずーんと迫って来ました。

 

文学賞の作者を賞を取る前から知っているケースは、知っているといってもブログの読者にすぎないわけだけど、そういうことは私にはなかったように思うが、でもだから賞を取られたことは素晴らしいと思い、

今日の出来事 ~作家~ - hidsgo’s diary

そして今回の出版は楽しみにしておりました。今後も読み続けるでしょう。

haruna0109.hatenablog.com

 

私は人付き合いも乏しく心の成長が17歳で止まっているような、だから現実との乖離でぎしぎし心痛が激しい、今は小説を読むことも少なくなっているおっさん(になってしまったおっさん)だが、ぎすぎすになって干からびそうになっている全身の細胞に言葉がじゅわ~んと沁み渡るそういう文章を読むのは好きですね。

 追記: 読後最初にこう言いたかった「ヘリコバクターピロリ(おもろいで)」。