読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hidsgo’s diary

56歳独身男(結婚暦なし)の存在していた記録

1999年 英国 Jill Dando事件

前記事の1999年ロンドン ネイル爆弾事件について調べていたとき、その同じ週にロンドンでもう1件、全英に衝撃を与えた事件が起きていたことがわかった。人気女性TVプレゼンター、Jill Dando(ジル・ダンドー)さん殺人事件である。

この事件はよく覚えている。私の英国滞在中にメディアが報じた事件の中で、最もセンセーショナルなものの1つと私自身は思っている。ネイル爆弾と同じ週ということは忘れていた。前記事に書いたように、爆弾犯は監視カメラ映像から速攻逮捕された。しかしJill Dando事件は、逮捕され服役していた容疑者の冤罪が確定するという経緯を経て、未解決のままである。

1999年当時Jill DandoさんはBBCの、いや英国テレビのトップ女性プレゼンターといってよい存在だった。1961年生まれ、地元新聞社の見習い記者としてキャリアを歩み始めた彼女は、1985年にBBCに入り地元局のレポーターを経て1988年からはLondonに異動、全国放送に登場するようになり、やがて「Breakfast News」、「Six O'Clock News」などを担当する。1999年には旅行番組「Holiday」と、未解決事件の情報を呼びかける「Crimewatch」を担当していた。

私はテレビでよく見る彼女に好感を持っていた。30代後半、キャリアとして脂の乗り切った時期だったろう。美しい容姿、親しみやすい物腰、明るく健康的な笑顔で男性プレゼンターと談笑する様子を覚えている。世代を越え男性からも女性からも多くの人に愛されていたプレゼンターだったろう。

私生活においては、彼女は友人から紹介された婦人科医と1997年に婚約、1999年に結婚する予定だった。事件が起こらなければ。

1999年4月26日午前11時半、婚約者の家からロンドン南西部フラムの自宅に戻った彼女は、玄関前で至近距離から左こめかみに発射された1発の銃弾により死亡した。享年37。

捜査は難航した。隣人が彼女の家の前から立ち去る長身の男を目撃しているが、手がかりは得られなかった。約1年後、近隣に住むストーカー暦のある男が逮捕され、2001年に終身刑が確定した。しかし2008年、再審により無罪が確定、釈放された。

私は無罪判決のニュースを日本で聞いた覚えはあるが、経緯などは把握してなかった。もともと物証に乏しい事件で、容疑者のコートに付着していた銃弾の粉末が証拠とされたが、逮捕されたとき警官が拳銃を所持していたが判明し、銃弾の粉末の由来が定かでなくなったことや、彼の事件遂行能力が疑問視されたらしい。事件は未だ解明されず、射殺犯を推察する記事が今も多く書かれているようである。

上にトップ女性プレゼンターと書いたが、トップかどうかは主観によるとしても、英国テレビ界の主要な人気プレゼンターの1人で、万人に愛されていたことに変わりはない。センセーショナルな事件であり、衝撃だった。

参考:
BBC News | UK | BBC presenter shot dead
BBC NEWS | UK | Jill Dando: The golden girl of TV
Jill Dando - Wikipedia, the free encyclopedia