全力ひとり

全力で心豊かに温かく孤独を生きる独身男(50代バツなし)の記録

Not release the ball

ラグビーワールドカップ、昨日スコットランドサモアに勝ったため、予選Bブロックでは南アフリカスコットランドが決勝トーナメントに進み、日本の予選敗退が決定した。残念。せめて残りのアメリカ戦に勝利して3勝をものにしてほしい。

ラグビーブームが見事に再燃している。前に少し触れたが、日本が南アフリカに勝利したことが大きい。

先週末の日本 vs サモア戦をテレビ観戦した。体格差のある相手だったが、タックルで潰して相手の思い通りにさせない作戦が功を奏し、日本は26-5と快勝した。ラグビーの試合を最初から最後まできちんと見たのは、昔の日本のラグビーブームの時以来だったと思う。20年以上ぶりになる。

昔というのは、新日鉄釜石の頃から、神戸製鋼、そして関東大学ラグビーの堀越、今泉、吉田、永友、清宮といった名前のあたり。40代以上の人は懐かしく思い出すのだろうか。一度今の職場で40代前半の同僚のSさんとこの頃のラグビーの話ができたときはとても嬉しかったよ。

ゲームを見ていると、ルールは昔と基本的には変わりないのはもちろんだが、ちょこちょこ違うところがあるね。トライの得点、コンバージョンキックというもの、ペナルティーキックで直接タッチに蹴り出してマイボール・ラインアウトでスタート、sin bin の存在などなど。

ところでラグビーのペナルティーに、ノットリリースザボール(Not release the ball)というのがある。タックルで倒されたらボールを放さなくてはいけない、抱え込んだままでは反則というものだ。

このノットリリースザボールっていいなと思っていた。倒れたら抱えているものを放せ、しがみついているのは反則。人生もそうだよ、倒れたら放せ、しがみつくな。そうじゃなくちゃ。でも俺はいつもしがみつく、笛が吹かれちゃうよ、ノットリリースザボール、ペナルティ。

ノットリリースザボール、いいペナルティーだなと、誰にも語ることなく25年間くらい思い続けてきた。