hidsgo’s diary

56歳独身男(結婚暦なし)の存在していた記録

crossrail

ロンドンで建設中の Crossrail というロンドン東西近郊と市中心部を結ぶ鉄道路線が、完成後はエリザベス線 (Elizabeth line) と呼ばれることが決まったらしい。

Crossrail to be named Elizabeth line in honour of the Queen | UK news | The Guardian

 

実はこのニュースを聞くまで、そのような大規模な鉄道・地下鉄工事がロンドンで行われていることを知らなかった。。。全線開通は2018年らしい。

西はレディング (Reading) とヒースロー空港の支線から、パディントン (Paddington) を経て、ボンドストリード (Bond Street)、トッテナムコートロード (Tottenham Court Road) から、リバプールストリート (Liverpool Street) 駅を通り、カナリーウォーフ (Canary Wharf) へ行き、さらに東方へ延びていく。

これは2019年のロンドン地下鉄地図 (Tube map)。エリザベス線は紫色表示になる。

f:id:hidsgo:20160225223922j:plain

この地図のリンクはこちら

 

この路線が出来ればいろいろ便利になるね。郊外からロンドン中心部への通勤客はパディントンリバプールSt.で乗り換える必要ないし、特にヒースローと、ボンドSt.、TCR、シティ、カナリーウォーフ が乗り換えなしで結ばれて、観光客もビジネス客も利便性はかなり向上するだろう。カナリーウォーフへのアクセスは言うまでもなく、パディントン ↔ ボンドSt., TCR も現行では面倒だしね。

そもそもロンドンって、日本みたいに地下鉄と近郊を結ぶ鉄道の相互乗り入れってないじゃん? だから乗り換えなしに市の中心部のショッピングエリアやビジネス地区に電車が通じるのは大きいよね。

いくつか記事を見てもよくわからなかったのは、今のヒースローエクスプレス (Heathrow Express) がどうなるかということ。競合することになるらしい記事を見たが、そうなのか。早いけどボッタクリの安くはないヒースローエクスプレス、エリザベス線の料金はまだわからないにせよ、利便性は市内直通の後者が圧倒的によくなるわけで、どうなるのだろう。

 

Elizabeth lineは発音するのに長い、 Liz line か Lizzy line がいいとか、buzy Lizzie と呼ばれるんじゃね?という反応があって、実際に短くそう呼ばれそうな気もする。なお "Elizabeth line" はロンドン市長 Boris Johnson 氏の案らしい。

http://www.huffingtonpost.co.uk

ちなみに、ロンドン地下鉄で皇室関係路線名はこれで3つ目、Victoria line (ビクトリア女王)、Jubilee line (現エリザベス女王の戴冠25周年記念) に次ぐ。

 

私がロンドンを最後に訪れたのは2011年 ― オリンピック前年で建設中のスタジアムの写真なんか撮ってた。また行きたいけど、次行くのはいつになることか。