読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hidsgo’s diary

56歳独身男(結婚暦なし)の存在していた記録

ひとり帰省・ひとり正月

日記

帰省して年越ししてきた。帰省しても誰かに会うわけではない。隣近所の人たちと顔を合わせたら挨拶するくらい。空き家になっている家の風通しと簡単な掃除。テレビを見ながら年越し。

今回は年末に軽い食あたり (と思う) になり参った。12月30日、下痢や腹痛はなかったが胃もたれが続き、夜中に一度吐く。31日朝熱っぽかったので体温測ったら38.0℃。だるい。でも用事と買い物のために出かける。自転車を漕ぐが疲れやすく、遠くまで行きたくない。これが将来の生活かもしれないと思う。今回は一時的に体調を悪くしただけだが、今後体力が低下し、今回経験したレベルが自分の普通のレベルになってしまうかもしれない。そしてひとり。どうなるのだろう。どうなるのだろうと思うにとどまるが。

翌日つまり1日には熱も収まり、体調はまあ普通。ドイツ語と英語の勉強。今年はドイツ語がんばってみる。2日、箱根駅伝往路をテレビで観戦、横浜に戻り3日、箱根駅伝復路を沿道から応援と、いつもの正月らしいことをしてみる。

今回はアパートを出る前に中継番組の録画をスタートさせ、帰宅後に自分が映っていたか調べてみた。映ってた^^

もっとも、普通にテレビを観ていても気づかないレベル。自分が立っていた位置が映った場面をコマ送り再生して初めて確認できる。とは言え静止画では自分の顔ははっきり判別できる。

沿道で応援していてもテレビに映るとは限らない。選手だけ映していたり、他の場所の選手を中継していたり、CMだったり。テレビに出るのが良いと言うわけではないが、テレビに映る偶然が起きるかどうか、運試しとして沿道に立ってみるのもおもしろいかもしれない。