hidsgo’s diary

56歳独身男(結婚暦なし)の存在していた記録

The Shard の見える道

またしても悲惨な事件が起きてしまったイギリスだが、現場となったのはロンドン橋 (Londong Bridge) とバラ・マーケット (Borough Market) 。 バラ・マーケットはブリジット・ジョーンズ (Bridget Jones) のアパート (flat) のある場所ということで、以前こちらの記事で言及した。ブリジットのアパートはマーケットに隣接するグローブ・パブ (Globe Tavern) の2階という設定だったが、まさに現場だった (*1)。

hidsgo.hatenablog.com

半年前はロマンチックな場面もあった映画の設定場所近辺が、こんなことになるなんて。犠牲になってしまった方々を悼む。

 


以下は事件の本質とは関係なく、報道写真の場所を特定できたという話。

上に引用した記事で取り上げたザ・シャード (The Shard) が今回の事件のニュースでよく映った。その中で、これはどこから撮った写真かなと思ったものがあった。 読売新聞のニュース写真で、警察が道路を封鎖している様子を写しているが、道の先に Shard 全体像が見える。

www.yomiuri.co.jp

こんなふうに道の先にShardが見えるのはどこだろう?

Google Street View で特定できた (*2)。London Bridge から Borough High St. を南へ約1km の地点。Street Viewのスクショとその下にリンクを貼っておく。

f:id:hidsgo:20170606022857p:plain

Street View: https://goo.gl/maps/hV1q6k9Pzo92

道が Shard の方向に向いていて、Shard の下の方は実際は建物と重なっているが、遠くから見てるから重なりが少ない、ということだった。手前の教会の塔が相似形みたいになって重なっていて、近づいていくと教会の塔が大きくなって Shard を隠していく。

 


多数が犠牲になった事件に際し、こんなどうでもいいことを書いていると、何もわかっていないと思われそうだが、いや命の尊さは重々承知している。でもこんな記事を書いてしまう、わかってない奴と思われそうなことをしてしまうのが、自分かもしれない。

黙祷

www.bbc.com

テロに屈せず

www.bbc.com

 


*1 A visual guide to the London Bridge attacks | UK news | The Guardian
 (Globe pubは地図のBorough Market内の右側路地沿いにある)

*2 南側の離れたところということは大体わかったが、最終的には右側に見える緑色看板の薬局「PHARMACY」を検索して特定できた。