全力ひとり

全力で心豊かに温かく孤独を生きる独身男(50代バツなし)の記録

はじめての独検

独検 (ドイツ語技能検定試験) の5級と4級を受験した。初受験。場所は早稲田大学

 

まずさっそく結果(手応え)から。

5級: 知らない単語がやはり出てくるが、正解を選ぶのには支障にならなかったと思う。

4級: 難しかった。。筆記も聞き取りも。。orz。。前日にやった過去問の感触では、全体にあやふやながらも間違いは少なくて済むかもという感じだった。今日はそうはいかなかった。すでに筆記で6問、聞き取りで1問間違ったことが判明している。合格ラインは60%らしいから合格は合格ではあろうが。4級ということで、ごく基本的なことが問われているわけで、それがまだまだだということ。準備が充分に出来なかったと言うが、試験対象範囲の内容は簡単にでも一通り見ておくようにしたい。

明日正解発表があるらしい。明日確認しよう。

 

試験会場は早稲田大学。実は構内に入るのは初めてだった。

f:id:hidsgo:20170625231331j:plain

重さん大隈先生、初めまして。勉学に勤しみたいと思います。

 

私の受験した部屋では、5級・4級併願受験者が40人くらい、5級と4級の単願受験者が午前と午後でそれぞれ30人くらい受験した。9割以上は学生っぽい若い人たち。ドイツ語の試験では、例えば仕事でドイツをちょっと経験した会社員や、趣味で学び始めた中高年などがある程度いらっしゃるかと思っていたので、ほとんど学生らしい人たちで、ちょっと意外で新鮮だった。みなさん、どこで勉強しているのでしょう? どのような目的でドイツ語を? 聞いてみたくてしょうがなかった。やはり大学で履修しながらだろうか。今は若い人たちはいろんな分野を積極的に学ぶから。英語もきっとよく勉強しているだろう。20歳くらいでしっかり勉強しておくと一生ものだからいい。ああ若いっていい。と、おじさんは思いながら受験していた。

ドイツ語学習仲間は多いみたいだ。がんばろう。

 


過去記事

hidsgo.hatenablog.com