全力、ひとり

コミュ障57歳独身男(結婚歴なし)の存在していた記録

1998年ユーロビジョン・ソング・コンテスト

先月ドイツ在住のあかねさんが、今年のユーロビジョン・ソング・コンテストについてまとめを書いておられた。かなり詳しい力作である。

www.akane1033.com

20年近く前イギリスに滞在していた私はこのコンテストをよく知っており、「あれ、おもしろいよね」と言いたくてたまらず、コメントを書いた。

詳細レポ、ありがとうございます。ユーロビジョン、楽しいですよね。個性ある人が出て、国別対抗みたいなところもあり、いろんなことが起こって。。私は1998年のユーロビジョンをおぼろに覚えてますが、最後の最後にイスラエルのtransgender女性の人に優勝が決まる、大変におもしろい回でした。そんな楽しい催しがあるということを思い出させてくれる記事でした。

1998年の回はおもしろかったと書いた手前、ネットで調べつつ、ここにもう少し記録しておきたい。

 

目次

 

1.ユーロビジョン

改めてユーロビジョン・ソング・コンテスト (Eurovision Song Contest) とはから始めるが、毎年5月にヨーロッパで開催される人気のある音楽祭で、ヨーロッパ各国の放送局が自国代表を1人(1組)選出、本選はヨーロッパ始め世界で生中継される。このコンテストで優勝すると一気に知名度が上がり、スターへの道を歩む人もいる。かつての優勝者にはABBAセリーヌ・ディオンがいる (セリーヌ・ディオンはカナダ人だがスイス代表として出場) (*1)。なお、ユーロビジョンと短く呼ぶことが多いので、ここでもユーロビジョンと呼ぶことにする。

素朴に歌い上げる人がいる一方で、パフォーマンスのすごい人もいて、見ていて面白い。「国別対抗のど自慢」と呼ぶと、感じが出てると思う。「ユーロビジョン? くだらねー」と言う向きもあるが、そう言いつつ見ずにはいられない面白さがある。最近はLGBTにスポットライトが当たる音楽祭としても注目されているようだ。

 

2. 審査方法

審査方法はいろいろ変遷してきているが、1998年は25ヵ国が参加し、全員歌い終わった後、各国審査員が10カ国に1~8、10、12ポイントを投票、最多ポイントを獲得した国が優勝という仕組みだった。

この各国による投票が、ユーロビジョンを見る面白さのひとつになっている。というのも、歌の良し悪しだけではなく、投票には友好国へのご贔屓点、今の日本の言葉で言えば、忖度が加味されるからだ。もちろん審査員は歌を評価して採点すると公言するだろう。しかし時にはえげつない忖度を目の当たりにする。これが第三者的には見てて面白い。一方それは常に批判の対象でもあり、現在は視聴者投票も導入されている。

 

3. ダナ・インターナショナル

1998年ユーロビジョンの優勝者は、イスラエル代表のトランスセクシュアル、ダナ・インターナショナル (Dana International) だった。当時26歳、男性として生まれたが、21歳のときに性転換手術を受けている (*2; この参照記事に彼女の男性時代の顔写真が紹介されている)。トランスジェンダーと冒頭のコメントに記したが、彼女の場合トランスセクシュアルがより適切な用語のようで、トランスセクシュアルと呼ぶことにする (*3)。LGBTのユーロビジョン参加としては、前年1997年にアイスランド代表としてゲイのポール・オスカー (Paul Oscar) が出場しており、彼女は彼に次いでのLGBT出場者だった。ヨーロッパといえども当時は今ほどLGBTが表に出て来ることはなかったはずで、本選前から何かと話題になっていた。特にイスラエル国内では、彼女がイスラエル代表に選ばれたことが正統派ラビから激しく非難されていた (*2)。しかし彼女のユーロビジョンでの優勝は多方面から賞賛され、現在のユーロビジョンにおけるLGBTの隆盛につながる転換点となった。

2015年にロンドンで開催されたユーロビジョン60周年記念イベントで、1998年の優勝曲「Diva」を歌う妖艶なダナ・インターナショナルをご覧あれ。オーラ―がすごい。Viva la Diva!

 

4. 1998年大会概観

イギリスのバーミンガムで開催された1998年の大会は、LGBT初優勝というという歴史に残る大会になったが、その優勝が最後の国の最後の投票で決まったという劇的な結末のために、前後数年と比べて抜きん出て面白い大会でもあった。

優勝決定の瞬間を見る前に、ざっと振り返ってみる。

25カ国が参加。イギリスのブックメーカーのオッズ (*4) によると、本選前の人気はイギリス、ベルギー、スウェーデンアイルランド、マルタ、イスラエル、オランダの順で高かったようである。

こちらの動画で全参加国のショートクリップを見ることができる (動画の長さは12分)。出場者はいろいろなパフォーマンスをして歌っていたと思ったが、こうして見ると比較的ふつうに歌い上げている人が多い。

その中でドイツのパフォーマンスの激しさが際立っている。

ドイツ

この年はスイスがどの国からもポイントをもらえないという、屈辱の零点 (null point) を記録している。しかしスイスの歌手が特に悪いとは思えない。

スイス

忖度してくれる仲間がいるかどうかが、ポイントを得る要因の1つなのかもしれない。

最終的に優勝はイギリス、マルタ、イスラエルに絞られるが、この3ヵ国のパフォーマンスを見ておきたい。

イギリス代表 イマニ(Imaani)

マルタ代表 キアラ (Chiara)

イスラエル代表 ダナ・インターナショナル

 

5. マケドニア投票と優勝決定

さてやっと本題の最終場面。各国の投票が順次進み、24ヵ国が投票を終えた時点で、イスラエル 166ポイント、マルタ 166ポイント、イギリス 157ポイント (*5)。その次はオランダの148ポイントなので、優勝はイスラエル、マルタ、さらに可能性は薄いがイギリスの3ヵ国に絞られた。どこが優勝するか、最後の投票国マケドニアにすべてが委ねられた。

イスラエル 166、マルタ 166、イギリス 157

投票が進み、マケドニアは8番目の投票8ポイントを、イスラエルに投じた。イスラエル単独トップ、またこの時点でイギリスの優勝はなくなった。

イスラエル 174、マルタ 166、イギリス 157

マケドニアは9番目の投票10ポイントを、イギリスに投じた。イギリス2位に浮上、マルタは3位。しかしまだマルタ逆転可能。

イスラエル 174、イギリス 167、マルタ 166

 

残すはマケドニア最後の投票の12ポイント。マルタに投じられればマルタの優勝。歌の評価の高かったマルタは、各国から着実にポイントを獲得した。マケドニアの最後のポイントもマルタに行くのだろう、多くの人はそう予想しただろう。イスラエル残念、マルタ優勝。イスラエルチームもそれは覚悟したかもしれない。

しかし。

最後の投票をマケドニア審査員は静かに読み上げた。

And finally, 12 points from Macedonia goes to … Croatia.

クロアチア!? まさかのクロアチア!! なんとマケドニアは最後の12ポイントを、自分と同じ旧ユーゴスラビア国のクロアチアに捧げたのだった。3ヵ国のポイントと順位は変わらず。

イスラエル 174、イギリス 167、マルタ 166

マジか!!! 見てた人はみなそう思ったに違いない。そしてこの瞬間、イスラエル代表ダナ・インターナショナルの優勝が決まった。ユーロビジョン初のLGBT優勝の瞬間である。

ちょ、マケドニアw  旧ユーゴ互助会w ダナ優勝だな、おめ!

今ならこんな反応がネットに溢れたであろう。

クロアチアも悪くなかった。それはクロアチアが131ポイント獲得して5位に終わったことが証明している。しかし旧ユーゴ国であるスロベニアクロアチアに12ポイント与え、またマケドニアが獲得した最高ポイントはクロアチアからもらった6ポイントだった。投票は純粋にパフォーマンスを評価というわけではなく、まさに忖度まみれ。それがこの大会では優勝を左右したのだった。

こちらの youtube 動画で、優勝の瞬間と、優勝決定後に歌うダナ・インターナショナルを観ることができる 。この動画はドイツ放送局の番組を編集したもので、マケドニアイスラエルに8点与えるところから始まる (*6)。1998年ユーロビジョン、優勝決定のこの瞬間が、最高に面白かった。

優勝決定の瞬間、ワイプに映るイスラエルチームの狂乱と、言葉なく、しかし静かに勝者を称え拍手を送るマルタチームの対比がじんとくる。

 

6. その後

ユーロビジョン優勝により人気・知名度が上昇したダナ・インターナショナル。2003年までにアルバムを数枚リリース、一時は芸能活動から遠ざかるなどしていたようであるが、2011年には再びイスラエル代表としてユーロビジョンに参加している。ただしこの時は新たな投票方式のもと、9カ国が選ばれる決勝戦に進むことはできなかった。LGBTとしての活動も積極的に行っているようである (*7)。なお3位に終わったマルタのキアラは、2005年と2009年にもユーロビジョンに出場したが、2位、22位に終わっている。

 

7. まとめ

昨今のユーロビジョンではLGBTの活躍が目覚ましいが、その原点は1998年イスラエル代表ダナ・インターナショナルの優勝にあるといえる。またその優勝は大接戦の末に最後の投票で決まるという劇的なもので、1998年ユーロビジョンは大変面白かった。

 


*1  Eurovision Song Contest - Wikipedia
*2  BBC NEWS | 1998 | 05/98 | Eurovision | Transsexual singer stirs up passions
*3  トランスジェンダーとは?意味・性同一性障害との違い・企業の対応|Rainbow Life
*4  BBC NEWS | 1998 | 05/98 | Eurovision | The bookies' favourites
*5  Eurovisionサイトでは、最終ポイントはイスラエル172、イギリス166、マルタ165となっている。生放送では集計ミスがあったのかもしれない。1ポイント差を争う勝負だったが結果には影響しなかったようだ。
*6  こちらの動画で投票を英語版ノーカットで見ることができる。マケドニア投票は42:15辺りから。https://youtu.be/6_pbXrXkF4U
*7  Dana International - Wikipedia