全力、ひとり

コミュ障57歳独身男(結婚歴なし)の存在していた記録

インターネッツ歴

今週のお題「わたしのインターネット歴」。インターネットを使用して20年以上になる。正確には22年か23年だろうか。当初ブラウザはNetscapeだった。それ以前にLynxMosaicなどのブラウザがあったと聞くが、どんな感じか試したことはあったかもしれないが、既にNetscapeが主流となっていた。

HTMLの本を買って自分の簡単なホームページも作った。当時のサーバーはとうの昔に消滅したため、そのホームページはもう存在しない。しかし今試しにwebarchiveに当時のURLを入力すると、ちゃんと保存されていて表示される。webarchiveすごい。はてなブログを書く時、見たまま編集ではうまくいかない場合にHTML編集でいじることが出来るのは、その当時HTMLをかじったからではあるが、その本に書いてある程度の基本タグを使い方レベルから進歩していないのも事実である。

検索エンジンはあれこれ使ったが、2000年前後は主にAltavistaを使用し、次候補としてHotbotを使用していたようだ (webarchiveに残る自分のホームページに検索エンジンへのリンクとしてこの2つを挙げている)。その後2001年か2002年だった思うがGoogleというのが凄いという噂を聞きつけ、Googleに乗り換えることになった。Googleをブラウザのホームページに設定していた期間が10年以上はあったと思う。しかし、何でもすぐにGoogle先生に聞きますみたいな自分をちょっと恥ずかしく思うようになり、最近は会社では違ったページをホームページに設定している (そんな理由か!)。まあ検索バーがあるからすぐ検索できるのは変わらない。

もともと引っ込み思案なところのある私がネットに嵌るのは自然だったろう。寝る時間以外は2ちゃんねるという時期もあった (いつか記事に書く)。私のブログに時々2ちゃん語が登場するのはそのためだ。一方でブログを書き始めたのは、はてなブログつまりこのブログが最初で2014年から。人との交流が少ないため言いたいことが腹の中にたまっていたに違いないが、ネットに嵌っているわりにブログを書き始めたのは遅い。そのことは、自己表現しない或いは自分の意見をはっきり言わないという自分の性質を顧みれば矛盾しない。

人との交流が少ないがため他の人は私の存在を知らない。または私が何を見て何を思っていたかを知らない。自分でも忘れてしまう。だから書き残したい。もっとズケズケとブログを書いていけたらなあ。