独男の雑記帳

コミュ障59歳独身男(結婚歴なし)の存在していた記録

今年の目標チェック

今年もあっと言う間に半分が過ぎた。お題が「2018年上半期」を振り返りということで、1月に書いた「今年の目標」記事に従って振り返ってみよう、と思ったら今週のお題ではなく先週のお題となっていた。あるある。まあ、お題は関係なく、振り返る。

hidsgo.hatenablog.com

1. TOEIC Speakiing 160

今年TOEIC Speakingは受験していないが、後半に1度は受験したい。スピーキングスキルはなんとか高めたいと常々思うが、今のところは発音にフォーカスしてる。発音再学習。ただ、年取ってからということと、普段話す機会が少ないため、効果があるかどうかわからない。

 

2. ドイツ語検定3級

3級はまだ初心者レベル、時間をかければいけると思ってるが、時間をかけられなかった。できれば後期に受験したい。ドイツ語が全く意識から忘れ去られないよう、朝起きたとき単語集を見るようにしてた。37、8年前に購入したこちらの本。

www.asahipress.com

もちろんCDとかはないw。例文に少し前に出てきた単語が使われていて復習できるようになっているのがいい。でもね、覚えられないんですね、もう。

 

3. 英語のインプットを増やす

ペーパーバックをもっと読みたかったが、挫折。まだまだ時間の管理が出来ていない。時間を作れない。

 

4. フルマラソン1つ完走

練習して走れる見通しが出来てから参加、ではいつまでたっても参加できそうにないから、ともかく秋のレースを1つ申し込む。目標5時間、きついけど。

 

5. ストレッチ

1月の記事を見ると、長座体前屈(座って足を伸ばして前屈)で足の先をなんとかつかめるくらい、とある。今は楽につかむことは出来る。でもやはりそこから曲がらない。立って手が床につくかといえば、今は調子がいいときは掌をつけることが出来る。でもちょっと怠けていると、体はすぐガチガチに硬くなる。ストレッチ継続。

 

ということで、1月の目標はすべての項目で継続中。何か達成したわけではないが、完全に放棄したわけではなく、目標の方向に向かって意識して何かやっている、あるいはやろうとしているという状態。

1月の記事の最後に、QOLの向上をと書いているが、これも継続中。夜更かしをやめて朝活しようとか、生活改善に今後も意識して取り組みます。

それでは。

 

2001年イングランド、ベッカム伝説のフリーキック

2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会で世界中が盛り上がっている。それぞれの試合にドラマがある。代表チームの運命が決まり、勝利に貢献した選手は称えられ、失敗した選手には厳しい目が向けられる。そのドラマは毎試合、実際は各地域の予選から繰り広げられている。

2001年英国。1本のシュートがイングランドのW杯出場を決定し、ベッカムの運命を変えた。年数も経過しもう語り尽くされているが、ベッカムの伝説のフリーキックについて、簡単に経緯をおさらいしたい。

 

1. ベッカム

デビッド・ベッカム(David Beckham)は、マンチェスター・ユナイテッド (Manchester United、以下マンU) から1995年4月にプレミアリーグ デビューした。彼の名は2年目の1本のシュートにより、サッカーファンのみならず全英国民に知れ渡ることとなった。1996年8月プレミアリーグ開幕戦。相手チーム・ウィンブルドンゴールキーパーが前へ出て来ていることを見逃さなかったベッカムは、センターラインからキーパーの頭を越えてゴールを決めたのだった。

ベッカムのスター街道驀進開始を告げるとも言える、センセーショナルなゴールだった。

 

2. 1998年6月30日 ~ 試練

ベッカムマンUの快進撃は続いたが、ベッカムには大きな試練が訪れる。1998年W杯フランス大会決勝トーナメント初戦、アルゼンチン戦。ファールで倒されたベッカムは、倒れたまま相手選手の足を蹴り返し、レッドカードを受け退場した。試合は引き分け、PK戦の末イングランドは敗退した。ベッカムは戦犯と見なされ、サポーター、メディアを始め、英国民から猛烈な非難を受けることになった。 

ベッカムのプレーヤーとしての活躍は続き、1999年にはマンUプレミアリーグFAカップUEFAチャンピオンズリーグの3冠に貢献。また私生活でも同年スパイス・ガールズ(Spice Girls)のヴィクトリア・アダムス(Posh Spice)と結婚した。 

しかしベッカムに対する反発は根強く続く。2000年UEFA欧州選手権(EURO2000)でイングランドが敗退した際、サポーターからブーイングを浴びせられたベッカムは中指を立て、ベッカムへの非難は極まった。

 

3. 2001年10月6日 ~ 英雄

2002年W杯日韓大会欧州予選、グループ9最終戦イングランドギリシャマンUの本拠地オールド・トラフォード(Old Trafford)で対戦した。イングランドは勝ちまたは引き分けで翌年のW杯出場が決定する(*)。

しかし試合はギリシャが先行、イングランドが同点に追いついた直後また点を入れられるという苦しい展開。1-2のまま4分のアディショナルタイムへ。アディッショナルタイム2分半が経過した時、イングランドフリーキックを獲得した。ゴールまでの距離30ヤード。キッカーは前年からイングランド代表キャプテンを任せられているベッカム

ベッカム伝説のフリーキック。2001年10月6日オールド・トラフォード

ベッカムの右足により蹴り出されたボールは、きれいな弧を描きゴール上隅に突き刺さった。このゴールによりイングランドのW杯出場が決定した。そしてこのゴールにより、ベッカムへの非難は賞賛へと変わった。掌返しなんてものではない。天と地が入れ替わるかの如く、ベッカムは非難の標的から英雄へと変わった。

 

4. その後

自らのフリーキックによりW杯出場を獲得したものの、ベッカムは2002年2月、UEFAチャンピオンズリーグで左足第二中足骨(metatarsal)を骨折。なんとか治療してW杯日韓大会出場を果たす。札幌での予選リーグのアルゼンチン戦でPKを決め1-0で勝利、4年前のリベンジを果たした。

あの1本のフリーキックが、イングランドチームとベッカムの運命を変えたのだった。

 


* 正確には、グループ内でイングランドとドイツが勝ち点で並び、得失点差でイングランド首位。首位ならW杯出場決定、2位なら別グループ2位のウクライナプレーオフ2試合を行う。イングランドギリシャ戦と並行してドイツーフィンランド戦が行われたが、0-0の引き分けだった。したがってイングランドは引き分け以上でW杯出場となった。ドイツ戦の結果は、イングランドアディショナルタイムに入った頃わかったようだ。

【主な参考記事】

David Beckham – Wikipedia
David Beckham's most memorable moments - BBC Sport
BBC SPORT | WORLD CUP 2002  | England reach World Cup finals
2002 FIFA World Cup qualification – UEFA Group 9 - Wikipedia
・こちらの日本語サッカー記事サイトに、このフリーキックの同様の紹介記事があります。
 https://qoly.jp/2015/10/07/david-beckham-freekick-vs-greece-2001

 この伝説のフリーキックに至る経緯は、私がかつての英国滞在を通じてよく知っており、いつか記事にしたいと思っていた内容で、今回の記事は自分が織り込みたい内容を入れて独自にまとめたものです。

 

alteration, alternation

alteration と alternation。似てる。後者は前者に n が途中に加わっているだけ。

実は先日、「変化」の意味で、動詞 alter「変わる、変える」の名詞形 alteration を使った文章を書いた。いや書いたつもりだった。しかし書かれていた単語は n が挿入された alternation「交互」だった。自分では全然気づかず、他人からの指摘で気づいた。

自分では alter という動詞はたまに使うが、alteration という名詞形はあまり使ったことがなかった。「交互」の alternation もあまり使わないが、形容詞や動詞の alternate は時々使う。というわけで、alter..とタイプし始めた時、指が勝手に nat... と続けてしまったようだ。

見た目は酷似してるし、自分では alter の名詞形を書いたつもりだったから、読み直したとき気づかなかったんだね。

 

見た目はよく似ているが、意味は全く異なるという単語はいろいろある。 destruction と distraction、これは2字違いだけど、よく使われる語で知らないと間違いやすい例。他にも沢山あるはずだ。clash、 crash、 crush。短い語だから1字違いでも見間違わないが、よく使われる語で混同されがち。やはり酷似というほどではないが、なんとなく似ている単語で以前に書いた記事もある。

emaciate, emanate, emancipate, demarcate - 全力、ひとり

 

しかし alteration と alternation はノーマークで、ちょっとした新たな発見だった。おもしろくて誰かに言いたくて、ここに書いている。今調べると altercation 「激しい言い争い」という単語もある。

 

alternate には alternative という似ているが意味・用法の異なる単語があり、それは昨日記事にした。

alternate vs alternative - 全力、ひとり

 

alternate vs alternative

英語・紛らわしい単語シリーズ

alternate vs alternative

 

綴りが似ていて意味もなんとなく似ている。混同しがち。自分のための整理と備忘録。

 

alternate

1. 交互の。何か2つのものが交互に連続して起こる状態。

  A B A B A B  ← Letters A and B appear alternately. AとBが交互に現れる

2. 1つおきの。1の意味からの派生になるが、例えば

   I have to work on alternate Sundays. 隔週日曜仕事する

  つまり、出勤の日曜とお休みの日曜が交互、ということですね。

 

alternative

代替の、別の、もう1つの選択肢の

  We have an alternative plan. 代案がある

  You can go there by train. But alternatively, you can take a bus. 

  電車で行けるが、バスという選択肢もある

 

alternate が「交互」、alternative が「別選択肢」、この基本を押さえておきたい。

 

さらに以下も注意。

1. 米語では alternate は alternative の意味でも使われる。

In American usage, however, alternate can also be used to mean ‘available as another choice’: an alternate plan called for construction to begin immediately rather than waiting for spring. This American use of alternate is still regarded as incorrect by many people in Britain.

alternate | Definition of alternate in English by Oxford Dictionaries

また、米語では alternate は「代替要員」の意味で名詞としても用いられる。これはalternative としての用法から来ているのだろう。

2. 英語(イギリス英語)と米語で強勢の位置が異なる (形容詞の発音)。

英語 /ɔːlˈtɜːnət/   米語 ɔːltərnət/
alternate adjective | Oxford Advanced Learner's Dictionary

3. alternate は動詞としての用法もある (交互に起こる、交互に行う)。発音の強勢の位置は英米とも語頭。(最後の音節は eɪ)。

英語 /ˈɔːltəneɪt/   米語 /ˈɔːltərneɪt/
alternate verb | Oxford Advanced Learner's Dictionary

4. alternative は、alter がラテン語の「2者のうちの他方」を意味するため、2者からの選択で使用するのが正しく3者以上からの選択は誤りとする人もいるが、現在は3者以上からの選択でも通常用いられている。

Some traditionalists maintain that you can only have a maximum of two alternatives, because the word alternative comes from Latin alter ‘other (of two)’) and that uses where there are more than two alternatives are wrong. Such uses are, however, normal in modern standard English.

alternative | Definition of alternative in English by Oxford Dictionaries

 

事件

悲しい事件が起きてしまった。私はたまたまはてなにアカウントを作り、ときどき独り言を書いているくらいの者で、ブロガーと自分を呼ぶこともない。ブコメを活用することもなく、はてな民らしいことはしていない。それでもHagex氏のブログの読者にはなっていた。読み物として刺激的であったし、氏の取り上げる案件が、ネットで今起こっていることを知る参考になっていた。氏の案件の分析は私から見ると的を射たもので、トップブロガーと呼ばれる人たちをからかうことはあっても、氏自ら弱者を攻撃するようなことはなかったと思う。真摯さというものが背景に感じられ、私自身ははてなでの活動は少ないが、氏の記事にはよく目を通していた。それだけに今回のことは衝撃で心が痛む。(自分のことを言うならば、ああ自分ははてな民なのかもと今回思った。)

Hagex氏のご冥福を心よりお祈りします。

 

一方私もレールから全く外れて生きて来て、幸い今現在は職に就いているものの、もともと引きこもり体質で苦しい孤独な人生を送っている。このような事件が起こるたび、加害者は世の中をどう見ていたか、どうすれば救われたのかということに思いを馳せる。どうすれば救われたか、それはわからない。ただ自分は温かく人と接していきたいと思うだけだ。

 

どうすれば救われたかわからない。それは安直なことは言えないし、人がなぜ引きこもるかとか極端な行動に走るかとかは、1人1人状況が異なるからだ。そう言って逃げるようだが実際そうだ。ただ私自身は孤独者側であるし、生きづらい人が生きていくにはどうしたらよいかということはよく思う。コミュ障lonerでもある私は自分でがんばるとともに、将来何かこの方面で記事を書けたらと思う。

 

語源を知って驚いた単語

小さいときからよく知っている単語で、年をとってから語源を知って「なあんだ」と思った単語。そういう単語は沢山あると思うが、中でも語源の思いがけない簡明さに驚いた3例を取り上げたい。

機会があれば語りたかったけれど、記事になることなく忘れ去られそうになったネタである。ここに記す。前置きはともかく、いってみよう。

 

グレコローマン

レスリングのグレコローマン。オリンピックが開催されれば「グレコローマン・スタイル」という種目を頻繁に耳にする。なので小学生のときから知っていた。特に何も考えることなく、「グレコローマン」という1つの単語として受け取っていたと思う。ちなみにグレコローマン・スタイルは、腰から下の攻撃が禁止され、上半身のみの攻防で行われるレスリングのことだ。

グレコローマンは英語の綴りでは「Greco-Roman」で、「ギリシャ・ローマの」という意味。このことを知ったのは、ずっとのちだった。いつだろう、高校、あるいは20代、もしかしたら30代だったかもしれない。いつかは忘れたが、あまりに簡明な、今からすれば自明といってもいい言葉の由来を知り、単に「へぇー」とか「なるほど」とかじゃない、「そうか、そうだったか!」という衝撃があったことを覚えている。

 

ユーラシア

小学生の頃、地図を見るのが好きだった。ヨーロッパから極東に拡がる大陸、当時は多くを「ソ連」に占められていたこの大陸を、ユーラシア大陸と呼ぶことは知っていた。学校の地理でも習う。

しかし、ユーラシアが Eurasia で、Europe + Asia だと知ったのは、これも正確にいつかは覚えていないが、30代だろうか、数十年後だ。それまでは特に調べることもなく、何となく難しそうな固有名詞のように捉えていたんじゃないかと思う。目から鱗というか、簡明な語源に驚いたものだ。

 

ボリショイ

モスクワのボリショイ劇場。ボリショイ・サーカスというのもある。誰もが子供の時から聞いて知っていると言っていいだろう。

40歳くらいの頃、ロシア語をちょっと習った。文字の読み方から始めたわけだが、早い段階で次の基本単語に出会う。 

большой

読み方は「ボリショイ」。そして意味は、big、つまり「大きい」。ロシア語のボリショイは、ごく普通の形容詞で「大きい」という意味だった。ボリショイ劇場は、英語なら Big Theater。

ボリショイ劇場」って、「大劇場」ってことなのか!! 驚いたものだ。何十年来耳にしてきた単語が、こんなに簡単な意味だったなんて。

 


 

語源を知って、「へぇー」とか「なるほどー」とか思う単語は多い。

バームクーヘン

シュークリーム

などはそうだろう。

とは言え、上に挙げた3つは、私の中では驚きとともに由来を知った代表例だ。なぜ驚きなのか、改めて考えてみると、ボリショイはそのあまりに簡単な意味であることはわかる。グレコローマンとユーラシアは、1つの単語だと何となく思っていたものが、複合語かつごく簡単な単語の組み合わせだった、ということではないかと思う。

 

1998年ユーロビジョン・ソング・コンテスト

先月ドイツ在住のあかねさんが、今年のユーロビジョン・ソング・コンテストについてまとめを書いておられた。かなり詳しい力作である。

www.akane1033.com

20年近く前イギリスに滞在していた私はこのコンテストをよく知っており、「あれ、おもしろいよね」と言いたくてたまらず、コメントを書いた。

詳細レポ、ありがとうございます。ユーロビジョン、楽しいですよね。個性ある人が出て、国別対抗みたいなところもあり、いろんなことが起こって。。私は1998年のユーロビジョンをおぼろに覚えてますが、最後の最後にイスラエルのtransgender女性の人に優勝が決まる、大変におもしろい回でした。そんな楽しい催しがあるということを思い出させてくれる記事でした。

1998年の回はおもしろかったと書いた手前、ネットで調べつつ、ここにもう少し記録しておきたい。

 

目次

 

1.ユーロビジョン

改めてユーロビジョン・ソング・コンテスト (Eurovision Song Contest) とはから始めるが、毎年5月にヨーロッパで開催される人気のある音楽祭で、ヨーロッパ各国の放送局が自国代表を1人(1組)選出、本選はヨーロッパ始め世界で生中継される。このコンテストで優勝すると一気に知名度が上がり、スターへの道を歩む人もいる。かつての優勝者にはABBAセリーヌ・ディオンがいる (セリーヌ・ディオンはカナダ人だがスイス代表として出場) (*1)。なお、ユーロビジョンと短く呼ぶことが多いので、ここでもユーロビジョンと呼ぶことにする。

素朴に歌い上げる人がいる一方で、パフォーマンスのすごい人もいて、見ていて面白い。「国別対抗のど自慢」と呼ぶと、感じが出てると思う。「ユーロビジョン? くだらねー」と言う向きもあるが、そう言いつつ見ずにはいられない面白さがある。最近はLGBTにスポットライトが当たる音楽祭としても注目されているようだ。

 

2. 審査方法

審査方法はいろいろ変遷してきているが、1998年は25ヵ国が参加し、全員歌い終わった後、各国審査員が10カ国に1~8、10、12ポイントを投票、最多ポイントを獲得した国が優勝という仕組みだった。

この各国による投票が、ユーロビジョンを見る面白さのひとつになっている。というのも、歌の良し悪しだけではなく、投票には友好国へのご贔屓点、今の日本の言葉で言えば、忖度が加味されるからだ。もちろん審査員は歌を評価して採点すると公言するだろう。しかし時にはえげつない忖度を目の当たりにする。これが第三者的には見てて面白い。一方それは常に批判の対象でもあり、現在は視聴者投票も導入されている。

 

3. ダナ・インターナショナル

1998年ユーロビジョンの優勝者は、イスラエル代表のトランスセクシュアル、ダナ・インターナショナル (Dana International) だった。当時26歳、男性として生まれたが、21歳のときに性転換手術を受けている (*2; この参照記事に彼女の男性時代の顔写真が紹介されている)。トランスジェンダーと冒頭のコメントに記したが、彼女の場合トランスセクシュアルがより適切な用語のようで、トランスセクシュアルと呼ぶことにする (*3)。LGBTのユーロビジョン参加としては、前年1997年にアイスランド代表としてゲイのポール・オスカー (Paul Oscar) が出場しており、彼女は彼に次いでのLGBT出場者だった。ヨーロッパといえども当時は今ほどLGBTが表に出て来ることはなかったはずで、本選前から何かと話題になっていた。特にイスラエル国内では、彼女がイスラエル代表に選ばれたことが正統派ラビから激しく非難されていた (*2)。しかし彼女のユーロビジョンでの優勝は多方面から賞賛され、現在のユーロビジョンにおけるLGBTの隆盛につながる転換点となった。

2015年にロンドンで開催されたユーロビジョン60周年記念イベントで、1998年の優勝曲「Diva」を歌う妖艶なダナ・インターナショナルをご覧あれ。オーラ―がすごい。Viva la Diva!

 

4. 1998年大会概観

イギリスのバーミンガムで開催された1998年の大会は、LGBT初優勝というという歴史に残る大会になったが、その優勝が最後の国の最後の投票で決まったという劇的な結末のために、前後数年と比べて抜きん出て面白い大会でもあった。

優勝決定の瞬間を見る前に、ざっと振り返ってみる。

25カ国が参加。イギリスのブックメーカーのオッズ (*4) によると、本選前の人気はイギリス、ベルギー、スウェーデンアイルランド、マルタ、イスラエル、オランダの順で高かったようである。

こちらの動画で全参加国のショートクリップを見ることができる (動画の長さは12分)。出場者はいろいろなパフォーマンスをして歌っていたと思ったが、こうして見ると比較的ふつうに歌い上げている人が多い。

その中でドイツのパフォーマンスの激しさが際立っている。

ドイツ

この年はスイスがどの国からもポイントをもらえないという、屈辱の零点 (null point) を記録している。しかしスイスの歌手が特に悪いとは思えない。

スイス

忖度してくれる仲間がいるかどうかが、ポイントを得る要因の1つなのかもしれない。

最終的に優勝はイギリス、マルタ、イスラエルに絞られるが、この3ヵ国のパフォーマンスを見ておきたい。

イギリス代表 イマニ(Imaani)

マルタ代表 キアラ (Chiara)

イスラエル代表 ダナ・インターナショナル

 

5. マケドニア投票と優勝決定

さてやっと本題の最終場面。各国の投票が順次進み、24ヵ国が投票を終えた時点で、イスラエル 166ポイント、マルタ 166ポイント、イギリス 157ポイント (*5)。その次はオランダの148ポイントなので、優勝はイスラエル、マルタ、さらに可能性は薄いがイギリスの3ヵ国に絞られた。どこが優勝するか、最後の投票国マケドニアにすべてが委ねられた。

イスラエル 166、マルタ 166、イギリス 157

投票が進み、マケドニアは8番目の投票8ポイントを、イスラエルに投じた。イスラエル単独トップ、またこの時点でイギリスの優勝はなくなった。

イスラエル 174、マルタ 166、イギリス 157

マケドニアは9番目の投票10ポイントを、イギリスに投じた。イギリス2位に浮上、マルタは3位。しかしまだマルタ逆転可能。

イスラエル 174、イギリス 167、マルタ 166

 

残すはマケドニア最後の投票の12ポイント。マルタに投じられればマルタの優勝。歌の評価の高かったマルタは、各国から着実にポイントを獲得した。マケドニアの最後のポイントもマルタに行くのだろう、多くの人はそう予想しただろう。イスラエル残念、マルタ優勝。イスラエルチームもそれは覚悟したかもしれない。

しかし。

最後の投票をマケドニア審査員は静かに読み上げた。

And finally, 12 points from Macedonia goes to … Croatia.

クロアチア!? まさかのクロアチア!! なんとマケドニアは最後の12ポイントを、自分と同じ旧ユーゴスラビア国のクロアチアに捧げたのだった。3ヵ国のポイントと順位は変わらず。

イスラエル 174、イギリス 167、マルタ 166

マジか!!! 見てた人はみなそう思ったに違いない。そしてこの瞬間、イスラエル代表ダナ・インターナショナルの優勝が決まった。ユーロビジョン初のLGBT優勝の瞬間である。

ちょ、マケドニアw  旧ユーゴ互助会w ダナ優勝だな、おめ!

今ならこんな反応がネットに溢れたであろう。

クロアチアも悪くなかった。それはクロアチアが131ポイント獲得して5位に終わったことが証明している。しかし旧ユーゴ国であるスロベニアクロアチアに12ポイント与え、またマケドニアが獲得した最高ポイントはクロアチアからもらった6ポイントだった。投票は純粋にパフォーマンスを評価というわけではなく、まさに忖度まみれ。それがこの大会では優勝を左右したのだった。

こちらの youtube 動画で、優勝の瞬間と、優勝決定後に歌うダナ・インターナショナルを観ることができる 。この動画はドイツ放送局の番組を編集したもので、マケドニアイスラエルに8点与えるところから始まる (*6)。1998年ユーロビジョン、優勝決定のこの瞬間が、最高に面白かった。

優勝決定の瞬間、ワイプに映るイスラエルチームの狂乱と、言葉なく、しかし静かに勝者を称え拍手を送るマルタチームの対比がじんとくる。

 

6. その後

ユーロビジョン優勝により人気・知名度が上昇したダナ・インターナショナル。2003年までにアルバムを数枚リリース、一時は芸能活動から遠ざかるなどしていたようであるが、2011年には再びイスラエル代表としてユーロビジョンに参加している。ただしこの時は新たな投票方式のもと、9カ国が選ばれる決勝戦に進むことはできなかった。LGBTとしての活動も積極的に行っているようである (*7)。なお3位に終わったマルタのキアラは、2005年と2009年にもユーロビジョンに出場したが、2位、22位に終わっている。

 

7. まとめ

昨今のユーロビジョンではLGBTの活躍が目覚ましいが、その原点は1998年イスラエル代表ダナ・インターナショナルの優勝にあるといえる。またその優勝は大接戦の末に最後の投票で決まるという劇的なもので、1998年ユーロビジョンは大変面白かった。

 


*1  Eurovision Song Contest - Wikipedia
*2  BBC NEWS | 1998 | 05/98 | Eurovision | Transsexual singer stirs up passions
*3  トランスジェンダーとは?意味・性同一性障害との違い・企業の対応|Rainbow Life
*4  BBC NEWS | 1998 | 05/98 | Eurovision | The bookies' favourites
*5  Eurovisionサイトでは、最終ポイントはイスラエル172、イギリス166、マルタ165となっている。生放送では集計ミスがあったのかもしれない。1ポイント差を争う勝負だったが結果には影響しなかったようだ。
*6  こちらの動画で投票を英語版ノーカットで見ることができる。マケドニア投票は42:15辺りから。https://youtu.be/6_pbXrXkF4U
*7  Dana International - Wikipedia