独男の雑記帳

コミュ障61歳独身男(結婚歴なし)の存在していた記録

ワクチン1回目接種

先週コロナワクチン1回目を接種した。

 

もともとワクチンには積極的ではなかった。基礎疾患はなく、1人暮らしで多くの人と話す生活でもない。副反応や長期的影響がよくわかっていないワクチンを、打たずに済めば打たずにいたいと思っていた。しかし最近のデルタ株による感染爆発と若年層の重症化、自宅療養中に死亡などの報道を目の当たりにして、怖さが募っていた。

そんなこともあり、横浜市の64歳以下の接種受付が開始されるとすぐに接種を予約した。アクセスのよい、区の集会場で接種することにした。ファイザーワクチンになる。

 

当日。会場は人は多いものの混雑というほどではなく、看護師さんらスタッフに導かれて受付、問診待ち席、問診へと順調に進んだ。問診後、接種はほんの一瞬。針が刺さったことも感じず、「え、終わり?」と思ったときは終わっていた。

問診のとき質問してみた。「しばらく運動やめたほうがいいですか? ジョギングとかするんですが。」心筋炎など報告されており心配ではある。お医者さんは「どうぞどうぞ、汗をかいて気持ちよく過ごしてください」とのこと。まあ当日は運動や入浴をやめるようにと案内にも書いてあり静かに過ごす。

当日はワクチン休暇を取得。お昼前の接種で、午後は腕や体調に変化は感じなかったが、夜になり腕を動かすと少し痛みが出始めた。寝る前に熱を測ったら36.9℃。もしかしたらワクチンによる微熱かもしれない。

翌日は当日よりも、腕を動かしたときの筋肉痛のような痛みが増した。腕が上げられないほどではないが、荷物の上げ下ろしなど腕を大きく動かす作業をするとしたら、やりにくかったろう。主にPC作業なので支障はない。夜は36.9℃あったが、特に倦怠感とかはない。

3日目、腕の痛みはぐっと伸ばしたときくらいに感じる程度。それ以降やがて痛みもなくなり、体調にも変化はない。

 

かくして1回目接種無事終わったが、まだ油断できない。今後2回目接種を経て順調に免疫が形成されますように。