読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hidsgo’s diary

56歳独身男(結婚暦なし)の存在していた記録

今日の駅伝

マラソン ネタ

テレビで駅伝をやっているとだらだら見ることが多い。今日の午後京都で行われた第34回全国都道府県対抗女子駅伝もそんな感じでなんとなく見ていた。しかし最終9区で大逆転がおこり、私の地元の愛知が初優勝したということで、おもしろかった。

9区へ襷を渡す中継所での順位は、1位京都、2位兵庫 (1分13 秒)、3位群馬 (1分16秒)、4位愛知 (1分37秒)。括弧内は1位との時間差。ちなみにこのクラスの女子は大雑把に1分で300m進み、1分37秒差は500m程度の差があったことになる。かなりの差はあったが、愛知の鈴木亜由子選手は群馬と兵庫に追いつくと、速度の落ちていた京都も追い抜き、初優勝した。

f:id:hidsgo:20160117210617j:plain
(テレビ画面をスマホのカメラで撮ったもの)

 

この鈴木亜由子選手。中学のときからこの駅伝を走り、陸上界ではよく知られている。今年のリオ五輪の長距離の候補でもある。おもしろいと思うのは彼女は名古屋大学出身であること。高校も進学校だが、その高校のときに疲労骨折を経験して、大学は強豪校ではなく自分のペースでやれる学校、また男子選手と一緒に練習ができる環境ということで、名大にしたらしい。

女子長距離・鈴木亜由子の歩むべき道自分で作った“枠”を打ち破るために - スポーツナビ

体育系ではない国立大出身で陸上のトップアスリートは珍しいのではなかろうか(私が知らないだけかもしれないが)。人それぞれ、いろいろな才能があるものだ。才能を伸ばしていって欲しい。また愛知県民にとっては、駅伝の優勝と各選手の活躍は嬉しい話題である。

 

関連記事

hidsgo.hatenablog.com