独男の雑記帳

コミュ障60歳独身男(結婚歴なし)の存在していた記録

travel bubble トラベルバブル

*今日の英語*

travel bubble トラベルバブル

 

オーストラリアとニュージーランドがトラベルバブルを開始したらしい。

www.bbc.com

実は私は「トラベルバブル」を知らなかった。その言葉に釣られて記事を見たが、オーストラリアとニュージーランドで人の行き来が解禁になったらしいものの、トラベルバブルがよくわからない。バブルボールという人が入って遊ぶ球形の遊具があるが (下画像)、もしかしたら空飛ぶバブルボールが開発されて人の移動が可能になったのかとも思った。

f:id:hidsgo:20210420015408j:plain

上の画像はこちらから: GWに横浜で入場無料の親子向けイベント 移動遊園地&食事も充実 | いこレポ

しかし今回は空飛ぶバブルボールの話ではなかった。

 

トラブルバブルの「バブル」はコロナ対策で使われる概念で、自分とリスクを共有する人を1つのバブルで包まれているとみなし、バブルの中の人とは交流しても、バブルの外の人とは距離を保ち、感染対策を徹底するということ。

「トラベルバブル」の場合は、バブルを形成している国々では隔離なしで出入国を可能とするが、それ以外の国とは渡航禁止措置や出入国に際して隔離が必要になる。今回オーストラリアとニュージーランドでトラブルバブルが開始されたが、それはつまりこの両国間では、コロナ以前のように、隔離なしで往来が自由になったということ。

もちろんトラブルバブルを形成する国は、感染が充分制御されていなければならない。オーストラリアもニュージーランドも厳しいロックダウンを施したこともあり、感染抑制に成功している。

 

この「バブル」という言葉は、私が知らなかっただけで、実は1年前から使われている。ニュージーランドのアーダーン (Jacinda Ardern) 首相が会見で述べて、世界中に拡散したようだ。以下は2020年4月の記事。

gendai.ismedia.jp

首相が会見時に使い始め、国民にはすっかりおなじみになったのが、「バブル」という言葉だ。ニュージーランドでは、親子や3世代のように血のつながりがある家族だけが世帯を形成するとは限らない。多様化が進み、血縁者以外も交じって世帯が構成されていることもある。首相はその状態を簡単で、親しみのある言葉、「バブル」に置き換えて話す。同一世帯の人々が一つの泡に包まれて暮らしているイメージだ。

バブルの中の誰かが感染者とわかっても、ウイルスはそのバブルの中に留まり、ほかのバブルにはうつらない。またバブルの中にさえいれば、ほかのバブルで感染者が出ても、それがうつってくることはない。バブルは壊れやすいので、壊さないよう注意して、その中にいようというわけだ。

 

最初に「バブル」という概念を提唱したのは、ニュージーランドのオタゴ大学 (University of Otago) 医学部のトリストラム・インガム (Tristram Ingham) 博士。

www.otago.ac.nz

www.stuff.co.nz

疫学者であるが筋ジストロフィーを患い車いす生活を営むインガム博士は、ニュージーランド筋ジストロフィー連盟会長を務めるなど、障がい者と学者の立場から障がい者福祉のために幅広く精力的に活動している。

障がい者新型コロナウイルスへの対処法をかわかりやすく伝える方法を思い巡らせていた博士は、誰もが知っているバブル (泡、シャボン玉) をイメージすること思いつき、ニュージーランド保健省に提案、ほどなくアーダーン首相も会見で使うこととなった。

介助に頼る社会的弱者にとってパンデミックは不安しかなかったが、博士は「恐れず、備えよう」とメッセージを発し、誰をバブルに含めるか考えて「自分のバブルを作ろう」と訴え、障がい者も対処出来ることを示したのだった。

博士自身も自分のバブルを作るにあたっては、一緒に活動している妻はもちろんバブルの一員だが、いつもの介助者はリスクがあるとしてキャンセルし、近くに住む義理の娘にバブルに加わってもらっている。

バブルの概念の大切な点は、単に隔離を意味するだけでなく、壊れないよう大切に守らなければならないことも伝えていることだ。

“They could think of a bubble as a fragile yet beautiful structure that has to be nurtured and preserved. And it introduced the concept of making sure you don’t burst your bubble.”

バブルは美しいが壊れやすい。ちょっとのことでハジけてしまう。バブルの外の人とは接触を避けソーシャルディスタンスを保ち、バブルの中へ戻るときは手洗い消毒など徹底する。自分のバブルを守る大切さを、直感的に伝えている。

 

ニュージーランドはアーダーン首相の指揮のもと感染抑制に成功しているが、成功を支える背景に多くの人にわかりやすいバブルの概念の導入もあったわけだ。

以上トラベルバブルに始まり、バブルという考えとその提唱者についての記事となった。

 

今日の出来事 ~ HRH Duke of Edinburgh

ご冥福をお祈りします

www.bbc.com

 

1921年ギリシャ生まれ、1939年イギリス海軍兵学校時代に当時13歳のエリザベスに出会い、後の女王に強い印象を残す。1947年結婚。1952年ジョージ6世が56歳で逝去、エリザベス女王即位。

www.bbc.com

www.bbc.com

 

2021年度NHK囲碁始まる

今年度の日曜日お昼のNHK囲碁番組が4月4日からスタートした。昨年度からいろいろ変更になった。簡単にメモしておく。囲碁フォーカス(囲碁講座)もオープニングなど変更になっているが、今までNHK杯についてこのブログでメモしてきているので、ここでもNHK杯について。

 

最大の変更点はAI形成判断の導入だろう。対局中に画面上に表示される。

f:id:hidsgo:20210406223001j:plain

見たくないとか必要ないと思う向きもありそうだが、私はそもそも解説者の解説など助けがないと状況判断出来ないし、またAIを使用したこともAI形成判断を使った放送も見たことがないので、どんな状況でどんな数字が出るか興味がある。

解説の一力NHK杯も言っていたが、大切なのはAIの判断は1つの目安と認識していることだろう。AIが70%で優勢と分析していても対局者どうしは互角の感覚のことも多いという。あくまで使用しているAIプログラムがどう分析しているかということで、そう思っていれば表示もそれほど気にならない。

ちなみにNHKが使用しているのはAQというプログラムらしい。

 

対局室のセットも昨年度から変更。

f:id:hidsgo:20210406224059j:plain

と言っても、実は先月の昨年度決勝戦と同じセットだった。

hidsgo.hatenablog.com

勝戦のセットは決勝戦だけの特別仕様かと思ったら、新年度にそのまま継承されたのだった。背景に金屏風(屏風じゃないけど)。また、読み上げと記録係は準決勝までは距離をおいて座っていたが、間にアクリル板を設置し近づいて座るようになっている。

対局前に読み上げ・記録係を斜めからアップすることも決勝戦から継承。

f:id:hidsgo:20210406232745j:plain

このアップはなかなかいい。

 

解説室も様変わり。背景がパステルカラー調に明るく。

f:id:hidsgo:20210406233311j:plain

3月決勝戦がそうだったように、解説中も星合さんも大盤横を離れない。一見わからないが、星合さんと大盤の間にはアクリル板が設けられている。星合さんは石を並べず横に立って話すだけになっているが、これでカメラの前から離れることはなくなった。

 

この他番組では、オープニング音楽が変わり、対局前に対局者の短いコメントを流すようになったが、番組最後の勝者による「今日の一手」はなくなった。

 

というわけでまだまだコロナ仕様ではあるが、今年度のNHK杯はどんな展開になるか、楽しみだ。

 

2020年度NHK囲碁

2020年度NHK杯囲碁トーナメントは3月21日に決勝戦が放送され、一力遼天元が余正麒八段を下し、2年ぶり2回目の優勝を果たした。

勝戦とこの1年の簡単なまとめを記録しておく。といっても私の囲碁記事は碁の内容ではなく、番組の周辺記録。

 

今年はコロナ対策のため対局室のセットが大きく変わったが、決勝戦はまた少し違った。今年のセットはこちらに

hidsgo.hatenablog.com

そして決勝戦。金色の背景で少し華やかに。

f:id:hidsgo:20210331205957j:plain

勝戦ではいつもとは異なるカメラアングルが現れる。今回、読み上げの辻初段と記録の外柳三段を斜めからのアップで映したのは新鮮だった。

f:id:hidsgo:20210331210435j:plain

 

解説は芝野虎丸王座。NHK杯解説初登場。聞き手はいつもの星合志保二段、いや三段。星合さんは3月5日付けで三段に昇段。直後の3月7日放送のNHK杯ではテロップさえ間に合わなかったらしく二段表示のままだったが、14日と21日の放送では昇段のテロップが出ていた。

f:id:hidsgo:20210331210800j:plain

勝戦で画期的だったことは、星合さんが対局中も解説に参加したこと。昨年6月からコロナ対策仕様になって以来、解説は解説者のみが大盤を使い、星合さんはカメラに映らないところから質問していた。やっと戻って来た。Welcome back ほっしー。ただし星合さんは脇に立つだけで石は並べず、解説者とディスタンスを保っての進行だった。来期もこの形で進むのかもしれない。

f:id:hidsgo:20210331210825j:plain

 

以上は決勝戦の話題。

星合さんが解説に戻って来たと書いたが、実は解説者交代という形で準々決勝で登場した。

hidsgo.hatenablog.com

今期はコロナ禍とその対策がなによりも大きな出来事だが、その中で番組としてインパクトのある出来事だった。さすが治勲先生。

 

NHK杯は毎対局何かしらの見どころはあり、それは碁の内容だったり、解説者の言葉だったりする。今期の碁の出来事では、山下九段の初手天元は今後も語られるだろう。AI全盛で計算高く地を獲得するが見た目つまらなくなる碁が多くなる中で、おもしろさを見せたのだった。

hidsgo.hatenablog.com

 

今月の大きなニュースだったのは、平田七段と声優の照井春佳のご結婚。

www.oricon.co.jp

照井さんはコロナ禍に囲碁を勉強し、4か月で囲碁初段になったというお方で、「囲碁フォーカス」でも紹介された。平田七段は若手実力者であることは言うまでもないが、囲碁講座(囲碁フォーカス)講師、NHK杯読み上げ、解説、そして対局者で出場という、NHK囲碁の稀有な「4冠」達成者で、視聴者にも親しまれている。お二人のなれそめは、こちらの週刊碁の特集らしい。

勇者の碁【とある編集室の井戸端会議】 | コラム | 囲碁の日本棋院

遅ればせながら、おめでとうございます。

 

この1年は私にとって囲碁囲碁棋士が今までよりより身近に感じられる1年になった。ほっしーこと星合三段の影響が大きい。NHK杯では落ち着いたわかりやすい司会でよく知られているが、早くからSNS活動をしている棋士の1人でもある。Youtubeもやっていると聞いて私も1年くらい前からほっしーのyoutube配信を見始めたが、初期の頃の配信から見ていたことになる。

www.youtube.com

囲碁アプリでの実況解説はわかりやすく勉強になるが、アイドル語りなどの雑談がとてもおもしろく私は好きだ。

昨秋には13路盤の本を出版、

f:id:hidsgo:20210331214432j:plain

2月にはyoutube一周年記念配信、

youtu.be

そして今月の三段昇段。

youtu.be

コロナ禍にあっても精力的に活動し、囲碁囲碁棋士をより身近に感じされてくれたが、星合先生(呼び方がころころ変わる)におかれても充実した1年だったのではなかろうか。

私も星合先生の影響で、現在は囲碁ウォーズと囲碁エストにハマってしまっている。万年級位者だが、いつか初段へ脱却したい。

 

というわけで、今期のNHK囲碁を振り返るということで、NHK杯勝戦から星合先生までとなったが、今の私と囲碁との接点だ。

 

別れの季節

話したいと思っていてなかなか声をかけられなかった人が、突然辞めて去ってしまう。私にとってあまりにも繰り返されてきた体験で、もはや涙も出ず動揺さえしない。あ、まただ、とちょっとチクッとしたのみ。でも悲しい。

2021年びわ湖毎日マラソン鈴木選手2時間4分台

今日のびわ湖毎日マラソンで、鈴木健吾選手が2時間4分56秒の日本新記録で優勝。2時間4分台は日本人初。

www.nikkei.com

 

後半をテレビで観ていたが、全然スピードが落ちず、すごかったね。何が感動するといって、鈴木選手は昨年のびわ湖では先頭集団から途中失速の憂き目に会っている。

2020年の第75回びわ湖毎日マラソン

www.sponichi.co.jp

鈴木は中盤まで先頭集団の前方で引っ張るも、32キロ地点で遅れると、そのまま引き離された。

結局2時間10分37秒で12位。

 

そこから捲土重来、1年後見事リベンジを果たした。

www.sponichi.co.jp

やっぱりこのびわ湖毎日を1年前に走って、悔しさを持って1年間取り組んできたので、その中で故障せずに1年間トレーニングできたのが大きかった

究極を追求するアスリートは本当にすばらしい。 

 

NHK囲碁トーナメント2021年2月21日 ~ 解説ほっしー

先週日曜の第68回NHK杯囲碁トーナメント、

準々決勝第3局  井山裕太NHK杯 vs 余正麒八段。

解説が趙治勲名誉名人だった。治勲先生が登場すると必ず何かが起こる。今回もある意味神回だった。治勲先生が司会の星合志保二段を解説者に仕立てたのだった。

 

今年度のNHK囲碁、コロナ対策として司会の「ほっしー」こと星合志保二段は、最初と最後だけ登場、対局中は解説者が一人で石を並べて解説する形になった。

hidsgo.hatenablog.com

解説者が大盤横で解説している間、星合二段は声だけで質問しながら解説者を手助け(声助け)するわけだが、せめてワイプで出してくれないかと多くのほっしーファン(少なくとも私1名)は思っていた。

ちなみにこのとき星合二段は解説者と別の部屋に居るわけではなく、解説者を映しているカメラの横に立って解説者と向き合う形で話をしているらしい。星合二段が日本棋院の「ポン抜き情報局(第4局)」に先月ゲスト出演したときに話していた。下に動画リンク、その話題のところ(27分15秒くらい)から。

youtu.be

 

さて本局。最初はいつも通り解説者1人が大盤横に立ち解説。ほっしーは天の声係。

f:id:hidsgo:20210227023636j:plain

 

中盤にさしかかったところで石がからみあう難しい戦いになり、両者が考慮時間を使い合う。

治勲先生「考慮時間何秒ですか?」

ほっしー「60秒です」

治勲先生「60秒ですか、じゃちょっとね、ここで60秒ありますんで、星合さんの顔を見たいということで、ちょっと代わりましょうね、バトンタッチ」

とほっしーへ解説役を手渡す。

ほっしー「ちょっと失礼いたします、すごいお久しぶりです、という感じなんですけれども…」と登場。

f:id:hidsgo:20210227023705j:plain

対局中に登場するのは、コロナで中断する前の昨年5月以来ということになる。

間違いやすいシショウを最後まで並べつつ

f:id:hidsgo:20210227122728j:plain

中央の場面を解説。

f:id:hidsgo:20210227023759j:plain

その後考慮時間になると、ときどき解説者ほっしーが登場。これは左下の白ハネツギの意味を説明。

f:id:hidsgo:20210227023835j:plain

局面が進行し、右辺の折衝で白が最後の考慮時間に入る。黒はすでに考慮時間を使い切っていたため、本対局最後の考慮時間。すかさず治勲先生が交代を促す。

f:id:hidsgo:20210227123153j:plain

解説の星合二段、右辺の状況を説明。

結局合計5回の登場となった。星合さんを見たいという視聴者の願いを、治勲先生が型破りで楽しい計らいでかなえてくれた。

惜しむらくは、今回は対局時間が大変長くなったようで、放送では解説もかなりカットが入っていたらしいことだった。突然解説者が入れ替わっていたり、話がいきなり始まったり、あるいは途中で途切れたりということがところどころ見受けられた。 

それでも司会棋士が解説を任されるという、かつてない設定の記念回となった。

対局は中央の戦いで劣勢になった白が最終的には1目半で勝ち、余正麒八段が 井山裕太NHK杯の連覇を阻んだのだった。