読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hidsgo’s diary

56歳独身男(結婚暦なし)の存在していた記録

TOEICお休み中

今日は10月TOEIC*の日ですが、私は申し込んでいません。先月9月25日のTOEIC*は申し込んでいたのですが、棄権しました。以前にも棄権はあったように思いますが、ブログをつけ始めた2014年9月からは棄権**したことはありませんでした。

TOEIC歴 - hidsgo’s diary

* 9月から「TOEIC Listening & Reading」ですね。
** ここで棄権とは申し込んだが受験しないこと

 

身辺状況の変化で、全く勉強できていません。9月は試験会場へ行けなくはなかったものの、いろいろ課題が山積していたので、やめてしまいました。

 

勉強はしてなくても、受験すれば970くらいは取れて、運が良ければ990も取れるかもしれません。でもそんなことでいいのかと思うところもあってのことです。7月に新形式でも990取れたので、ひと安心しているいうこともあります。

 

ただこのまま引き下がってやがてずるずるスコアが下がるということは避けたい。英語じゃないですが、9年くらい前に始めたマラソンでも当初はすごく走り込んでフルマラソンを4時間台前半で走ることができるようになったのに、忙しさや億劫さを優先させて今では6時間完走も無理そうなレベルになってしまっている。アスリートじゃない私はジョギング練習をやめるとすぐにタイムは落ちますが、TOEICレベルの英語はすぐに出来なくなることはないとは思います。でも高スコアのためにはある程度試験慣れも必要で、引き下がっているとスコアは落ちてしまうでしょう。それはもったいない。

 

また自分にはTOEICにより自分のメンタルをモニターするという意味合いもあります。

なぜTOEICを受けるのか (2) - hidsgo’s diary

 

焼きが回ると言うのでしょうか、何事でもそうですが、「そもそも~することに意味はあるのだろうか」などと考えてその営みをやめてしまうと、人生をつまらなくしてしまいます。ほとんどの趣味は本当に意味・価値があるかと問えば、生きるためには必要ないかもしれない。会社のためにあくせく働くことに意味はあるのかと問うていると、働くこともできなくなってしまう。だからやりたいと思ってることはとにかくやればいいし、やらなくてはいけないことは、やりながら意味を考えているのがいいでしょう。

 

しかし私の場合、漫然とTOEIC 970-990を繰り返していてそれでいいのかと。

 

今後の人生をもっと豊かにするための英語力、自分に自信をつける英語力、金につながる英語力の向上、ということをぼんやり考えています。