全力、ひとり

コミュ障58歳独身男(結婚歴なし)の存在していた記録

the better to

【今日の英語】

the better to ~       より~するために

                                = so as to ~ better

 

読んでいたペーパーバックの長い文の途中で突然 the better が出て来て、文の構造がわからなくなってしまった。the better to ~ で 「より~するために」という副詞句だった。

  

辞書(Oxford) の例文から

Best to show up with a lot of photos of your cats or your grandchildren, the better to facilitate conversations with those around you.

このように the better の直前がコンマで区切られていればわかりやすい。より会話しやすくするため、となる。

 

I lift myself on my elbows the better to hear the rest of their conversation.

コンマがないと直前とのつながりで?となってしまうかもしれないが、the better は 後ろの hear に掛かり、the better to hear… が …をよりよく聞くためという副詞句で lift に掛かる。

書き換えて

I lift myself on my elbows (so as) to hear the rest of their conversation better.

と同じ意味になる。

 

学校英語で以下の用法は習う。

「the 比較級 ~, the 比較級 …」 ~すればするほど…

「all the 比較級」それだけいっそう

これらと同じ the better の使い方といえる。the は副詞で better に掛かり、better も副詞で to の次の動詞に掛かる。

 

わかってしまえば何でもないが、the better to という言い方があると知ったのだった。

 

なおみ節は魅力

先週末グランドスラム2大会連続優勝という偉業を達成し、テニス女子世界ランキング1位となった大坂なおみ。今さら私が言うまでもないが、インタビューの受け応えが魅力的だ。

普段はあまりしゃべらないし人前で話すことは得意ではないと彼女自身言ってはいるけれど、あいまいに答えたり紋切型の答えをするわけではなく、素直に自分の言葉で自身について語る。時には記者に逆に質問したり、ジョークやユーモラスな答えで返したり。魅力的な「なおみ節」で語られる言葉はこちらの心にも響き、トップアスリートとしての重みがあり、また英語の勉強にもなる。

 

1月26日(土)、全豪オープン優勝当日の試合後の記者会見。


Naomi Osaka press conference (F) | Australian Open 2019

動画で大体はわかるがところどころ聞き取れないという向きは、以下のサイトのトランスクリプトが役に立つ (完全に逐語的に書き起こしてるわけではなく、言い淀みや言い直しなどはまとめている部分もある)。

www.asapsports.com

このインタビューについての日本の記事としては、例えばこの読売新聞記事。

www.yomiuri.co.jp

この記事で取り上げている内容の他に、会見では第2セットから第3セットへの気持ちの切り替えについて、また第3セットは自分を空のようにしてロボットのように練習してきたことを実行したこと、などを述べている。

私が印象に残ったのは、前回優勝したことにより注目が集まる中で20年ぶりとなる2大会連続優勝をどうして成し遂げられたかという質問に対する答え。

I just focus on tennis. Like, for me, when I play my match, everything else is completely not in my mind anymore.

あたり前の答えのようだが、強い、こうやって偉業を達成した。

見逃せない情報として、全豪オープンを通じて彼女がイヤホンで聞いていた曲をこの会見で明かしている。ジェイ・ロック (Jay Rock) のウィン (Win)。

 

会見を見ていると、彼女自身もメディアには慣れたと言っているとはいえ、同じような内容の質問が繰り返されても、ひねくれた質問がなされても、丁寧に答えている。すべて答えるという意味ではなくて答えられないことは言わない。大変だろうけど、すごいなぁ大人だなぁと思う。

 


ところで、上の読売新聞の記事だが、優勝翌日27日(日)午前の見出しは「私の涙は見ていないでしょう」だった。その時の記事は以下のように引用していた。

― 第2セットを落として、落ち込んでいたか。

「私の涙は見ていないでしょう」

この部分の意味がわからず、おそらく和訳のせいだろうと思ってソースを探すと、彼女は "Did you not see my tears?" と言ったのだった。

「あなたは(質問した記者は)私の涙を見なかったですか (泣いてたでしょ)?」と答えたわけで、だからやはり記事が変だった。そう思ってたら、その日の午後に記事は差し替えられて、当該部分は削除されていた。訳し方もあるけれど、このインタビューでここをメインにしてタイトルにしたのはおかしいからね。

 


日本の報道機関の誤訳といえば、別のインタビューでの日清のCMについてのコメントが話題になった。

www.buzzfeed.com

これは1月24日の全豪オープン準決勝、カロリナ・プリスコバ戦に勝ったあとの記者会見だった。


Naomi Osaka press conference (SF) | Australian Open 2019

ちなみにトランスクリプトはこちら

www.asapsports.com

この会見はこの誤訳が大きく話題になったけれど、全体を聞くと実はなおみ節が炸裂していて、やはりおもしろい会見だとわかる。

 

21歳で世界1位となった彼女の今後は、ちょっと想像つきませんね。

 

寒さと熱さと

寒い日が続く。私はバイク通勤のときはコートの下にフリースを着て、マフラーで首から風が入るのを防ぎ、マスクを着用。完全防備。

昨日はバイクで移動中に白いものがちらちら。横浜の初雪だった。

tenki.jp

 

そんな寒い日本と対照的に、昨夜は真夏の暑いオーストラリアから熱いニュースが。大坂なおみ選手が全米に続いて全豪オープンでも優勝。世界ランキングでも1位に。

www.bbc.com

一日遅れながら、いやあすごい試合でしたね。第2セット、一度はマッチポイントを握りながらもセットを失い、もしかしたらそのまま崩れてしまうかもとはらはらしたけれど、第3セット自分を持ち直して勝利。すごい、すばらしい。

相手のクビトバもすごかった。世界ランク2位までいきながら暴漢に利き腕をナイフで刺される事件から立ち直ったらしい。

両者の試合を見ていて涙が出ましたね (すぐ涙が出る)。心から両者を祝福したくなる試合でした。

 

2019年、今年の目標・方向性

今年目指すもの。詳細は省き、大まかな項目で。

 

1. 語学

私のコアはこれだと言える。語学学習しているときに自分らしさを感じる。生計を立ててるわけでなくて所詮学習者だが、より知識が身につけば、より世界が広がる。

精進を続ける。

 

2. マラソン

体力づくりとダイエットのためだが、メンタルにも極めて有効。

いくつか計画している。参加したら報告する。

 

3. インプットを増やす

日本語も英語も本を読む。ここ数年できていなかった。簡単なようで、いろいろな雑事に押し流され読むことができなくなってしまう。意識的に積極的に読む。

 

4. アウトプットを増やす

ブログ記事を書くということもあるけれど、それよりも、

言うべきことをきちんと言う。意見をはっきり述べる。

ということ。例えば、誤解されているとわかっても、誤解だと言ってわかってもらおうとしない、私にはそんな事が往々にしてある。それで結局苦しんだり損をしたりする。最近もそんな出来事があってモヤモヤしていて、だからこう書いている。今まで30年か40年か黙ってきて、もういいからさ、口に出して言おうよ。

 

5. 2020年、生まれ変わりの年に向けて

1~4はは大まかな言い方だけれど具体的な目標。5はそれらの根底をなす基本方針みたいなもの。

来年2020年にビッグイベントがある。東京オリンピック? まあそれもビッグイベントだけれど、私にとってのビッグなビッグなイベント、それは、、、還暦 (今は小声で)。

還暦!? 自分ながら驚いてしまう。コミュ障で社会的にも人間的にも成長せず、もちろん結婚できず、20歳頃のメンタリティのままここに至っている。60歳なんて信じられない。

しかし事実は事実。2020年9月私は還暦を迎える。

還暦を迎えると人は一度死に、生まれ変わり新たな人生を歩み始める。いや、私の思い込みです。でも今の私は還暦をそう捉えている。60歳までの今生でやっておきたいことがまだいろいろある。それを達成したい。

残された時間は少ない。今年は一日一日を大切に進んで行きたい。そう思う。

 

というわけで、残り少ない人生、もうあまり悩み事に振り回されず、一日一日を大切に、語学に励み、マラソンを走り、読書を続け、思ったことをちゃんと述べようというわけです。がんばろう!

 

成田山横浜別院と伊勢山皇大神宮へ

横浜の成田山別院と皇大神宮へ出かけた。正月に川崎大師さんに参拝したから、横浜市内の神社仏閣も行ってみようと。これも初詣だろうか。だださすがに新年に入り2週間経つと「初詣」感は少なくなる。しかし今回こちらのお寺と神社は訪れること自体が初めてで、初めてのご参拝ではある。

 

桜木町駅はときどき利用する。しかし映画館とみなとみらい方面へのアクセスのためで、私は飲み歩きしないため野毛方面は実はあまりよく知らない。

桜木町駅から野毛方面に歩くとすぐに成田山へ登る階段がある。途中から本堂のところまでエレベーターもある。

f:id:hidsgo:20190112212959j:plain

成田山横浜別院。新本堂が2015年に完成したらしい。

f:id:hidsgo:20190112210723j:plain

静かにお参り。今年の健康と開運をお祈りする。

 

成田山別院のすぐ近くに、伊勢山皇大神宮がある。関東のお伊勢さま、ご祭神は天照大神。屋台も出ているし団体客もいて、それなりに混んでいた。

f:id:hidsgo:20190112213416j:plain

階段を登って

f:id:hidsgo:20190112211504j:plain

本殿へ

f:id:hidsgo:20190112211528j:plain

二礼二拍一礼。今年の健康と開運をお祈りする。「勝守」お守りを買う。今年は期するところがあるのだ。

 

成田山横浜別院も伊勢山皇大神宮も明治初期の建立。横浜港が開港し栄え始めた街のために建てられたわけだが、横浜は明治以降急速に発展した街だということがよくわかる。

いつも賑やかな桜木町駅から歩いて10分ほどのところにある落ち着いた空間。仏さまと神さまにお祈りし、よい年になりますように。

 

野村不動産プラウドCM撮影場所 ~ ベルン

野村不動産プラウドのCMでスイスの首都ベルンが舞台のものがある。今も放送されているかわからない。私は1年前に見た。


プラウドCM「ベルン」篇

主演の肥野竜也さんが、スイス国旗のたなびく塔のある大きな建物を背景にゆっくり歩いている。その場面のスクリーンショットはこんな具合。ここはベルンのどこだろう?

f:id:hidsgo:20190107222803j:plain

 

答えはこちら。

地図の赤いピンが撮影場所。

スイス国旗がたなびいている大きな建物は、スイスの国会議事堂である連邦院 (Bundeshaus) 、そしてここは連邦院の西にあるクライネ・シャンツェ公園。

 

CMの場面に近い位置の360度写真をグーグルマップ上で見ることができる。公園内のためストリートビューがなく、固定点からの360度写真のみなので、CMと同じ視点が得られないのがちょっと残念だ。

 

(1) 地図青番号1の地点からの画像

連邦院の感じは似ているが、実際のCM撮影場所は右下のベンチが置かれている通路であるため、CMの風景と一致はしていない。

f:id:hidsgo:20190108205603j:plain

この360度写真へのリンクはこちら

 

(2) 地図青番号2の地点からの画像

CM撮影が行われた場所と同じ路上で、CMとほぼ同じ背景が得られるが、カメラ位置が柵に寄り過ぎているため、CMの風景を再現はできず。

f:id:hidsgo:20190108211935j:plain

 この360度写真へのリンクはこちら

 

撮影の様子の動画も公開されている。


プラウドCMメイキング映像「ベルン」篇

 


私は一昨年の9月にベルンを訪れた (記事は昨年8月だが)。

hidsgo.hatenablog.com

連邦院は観光客のよく訪れるエリアにある。

www.myswitzerland.com

それで1年前にこのCMを見たときに、あ、連邦院だとすぐにわかり、撮影場所がわかるかなと、連邦院の見え方を頼りにグーグルマップとストリートビューで調べて特定できた。

先日、前記事で書いたベロニア急行編のCMをテレビで見て、ベルンの撮影場所を調べたことを思い出し、今回記事にした。

前記事はこちら

hidsgo.hatenablog.com

野村不動産プラウドCM撮影場所 ~ ベルニナ急行

お正月に箱根駅伝をテレビで見ていたら、野村不動産プラウドのCMが流れていた。


プラウド×ベルニナエクスプレス篇 30sec

 

赤い列車が絶景の山々の間を走って行く。これはスイスからイタリアへアルプスを走るベルニナ急行 (Bernina Express) ですね。

CMの最後に高架橋が映し出される。下はそのスクリーンショット

f:id:hidsgo:20190106205211j:plain

すばらしい眺め、すばらしい構築物。これはどこの何という橋? 調べてみた (といっても検索ですぐにわかるけれど)。

 

これはラントヴァッサー橋。長さ136m、高さ65m。建設されたのは1901年~1902年。ベルニナ急行の走るレーティッシュ鉄道のこの一帯は、ユネスコ世界文化遺産に登録されている。

 

場所はスイス南東部。サンモリッツの北20kmくらい。

 

ストリートビュー (360度写真) でCMと似たような角度から橋を眺めるの図。

このグーグルマップの写真は川辺の道から撮影されているが、CMはカメラを川の中に立てて撮影している。その様子はCM撮影編の動画で見ることができる。


メイキング映像|プラウド×ベルニナエクスプレス篇

 


野村不動産プラウドのCMベルニナ急行編は、公開されてから2年だろうか。今さら感があるかもしれないが、私はあまりテレビを見ないし、気になったときこうやって調べて場所を見出すのは楽しい。いつかベルニナ急行に乗ってみたい。

このCMシリーズには別にスイスのベルン編がある。実は1年前にそちらの撮影場所を調べたが、ブログ記事にはしなかった。今回ベルニナ急行編のCMを見て、ベルンの記事と一緒に載せておきたいと思った次第。

というわけで次記事はベルン編のCMについて。

 

追記: ベルン編のCM撮影場所について。

hidsgo.hatenablog.com