hidsgo’s diary

56歳独身男(結婚暦なし)の存在していた記録

明日は独検

ブログの更新もできないウジウジグダグダした日々を過ごしているが、いよいよ明日は独検だ。初受験。梅雨のようにウジウジグダグダとした状態になりがちな私には (今年は今のところ空梅雨だが ^^;)、あらかじめ自分に有無を言わせず参加する予定を入れておくのは良いことだ。困難な体験では自分が潰れてしまうかもしれないが、軽くクリアできるハードルならば、それをきっかけにして前へ進んでいくことが出来るかもしれない。

明日は午前に5級、午後に4級を受験。どちらも合格する見込みだ。

 

結局のところ身を入れて勉強はできなかった。半年余りでやったのはたったこれだけ。

1. 1か月速習ドイツ語 増本浩子 NHK出版

CDブック ステップ30 1か月速習 ドイツ語

CDブック ステップ30 1か月速習 ドイツ語

 

 初歩のドイツ語をざっとなぞるため。

 

2. 独検合格4週間 5級 第三書房

独検合格4週間《5級》

独検合格4週間《5級》

  • 作者: 在間進,亀ヶ谷昌秀
  • 出版社/メーカー: 第三書房
  • 発売日: 2011/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 10回
  • この商品を含むブログを見る
 

5級レベルの確認。このシリーズの4級問題集も手に入れたが、最初の少ししかやっていない。

 

3. 独検過去問題集2017年版 郁文堂

独検過去問題集2017年版<5級・4級・3級>

独検過去問題集2017年版<5級・4級・3級>

  • 作者: 公益財団法人ドイツ語学文学振興会
  • 出版社/メーカー: 郁文堂
  • 発売日: 2017/04/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 5級と4級の過去問をやって、問題形式とどのくらい出来るか確認。

 

これくらいの分量なら学生なら1か月もかからないね。。

 

本をざっとやってみたけど、単語などなかなか覚えられない。結局のところ明日の試験は、35年以上前に学習して今も体に残っている知識で勝負するに等しい。

とはいえ明日は5級は全問正解に近く、4級は8-9割くらいの出来でパスすると予想。本当は5級レベルでも完全ではないし4級は全くあやふやなのだが、4択なのでよくわかってなくても正解ははっきりしている場合が多いからだ。

 

この半年余りの成果として言えるのは、

1. ドイツ語のスイッチをいれた

2. ドイツ語に関する自分の立ち位置を確認した

ということ。長く停滞していたがこれから長く学習していくための1歩を踏み出した。今のレベルは、独検でいえば5級レベルの単語も忘れているし、4級レベルの文法もあやふや、3級はまだちょっと先、というところだ。

 

なかなか集中的に取り組めないが、細く長く続けて、来年3級、その後いつか2級、最終的には準1級レベルまでいけたらなあと思う。

 

GINZA SIX 工事中とオープン後

4月にオープンしたGINZA SIX、銀座シックスに遅ればせながら行ってきた。

松坂屋銀座店が2013年に閉店、その跡地。銀座6丁目、ゆえに GINXA SIX。

f:id:hidsgo:20170608023613j:plain

 

中は吹き抜け。草間彌生のオブジェが彩りを添えていた。

f:id:hidsgo:20170608023655j:plain

 

行ってみたかった理由は、実は以前に工事中の写真を撮っていたから。2015年の写真、まだ基礎工事中。

f:id:hidsgo:20170608023720j:plain

写真を撮ったときはここに何が出来るか知らなかった。GINZA SIX が近々オープンの報道を今年4月に見て、ああ、あそこか、どんなふうになったのだろうと思った次第。

 

普段はひとりなので、出かけても友達と写真というわけではなく、目にしたものを適当にカメラに収めることが多い。そして時間が経過して再び同じ場所を訪れたとき、建物の変化、町の変化、その before and after を自分の画像で確かめることが出来ることがある。それはおもしろく、私は好きで、だから工事中の風景も撮ってても損じゃないなと思うのである。

そうやって出来た記事。

hidsgo.hatenablog.com

こちらにも工事中の画像が。

hidsgo.hatenablog.com

 

ところで GINZA SIX の工事中の写真だが、撮ったのはこちらから。銀座七丁目「六角」。

r.gnavi.co.jp

そもそも貧乏でコミュ障で孤独臭満載なおっさんの私が何でこんなお店で名物の「のどぐろ」の刺身に舌鼓を打ったのか。それはあれだ、3年くらい積み立てたお金でキャバ嬢を同伴したんだろう。うん、積み立てて3年に1度お食事する、なかなか建設的じゃないか、まあ、そういうことにしておこう。

 

The Shard の見える道

またしても悲惨な事件が起きてしまったイギリスだが、現場となったのはロンドン橋 (Londong Bridge) とバラ・マーケット (Borough Market) 。 バラ・マーケットはブリジット・ジョーンズ (Bridget Jones) のアパート (flat) のある場所ということで、以前こちらの記事で言及した。ブリジットのアパートはマーケットに隣接するグローブ・パブ (Globe Tavern) の2階という設定だったが、まさに現場だった (*1)。

hidsgo.hatenablog.com

半年前はロマンチックな場面もあった映画の設定場所近辺が、こんなことになるなんて。犠牲になってしまった方々を悼む。

 


以下は事件の本質とは関係なく、報道写真の場所を特定できたという話。

上に引用した記事で取り上げたザ・シャード (The Shard) が今回の事件のニュースでよく映った。その中で、これはどこから撮った写真かなと思ったものがあった。 読売新聞のニュース写真で、警察が道路を封鎖している様子を写しているが、道の先に Shard 全体像が見える。

www.yomiuri.co.jp

こんなふうに道の先にShardが見えるのはどこだろう?

Google Street View で特定できた (*2)。London Bridge から Borough High St. を南へ約1km の地点。Street Viewのスクショとその下にリンクを貼っておく。

f:id:hidsgo:20170606022857p:plain

Street View: https://goo.gl/maps/hV1q6k9Pzo92

道が Shard の方向に向いていて、Shard の下の方は実際は建物と重なっているが、遠くから見てるから重なりが少ない、ということだった。手前の教会の塔が相似形みたいになって重なっていて、近づいていくと教会の塔が大きくなって Shard を隠していく。

 


多数が犠牲になった事件に際し、こんなどうでもいいことを書いていると、何もわかっていないと思われそうだが、いや命の尊さは重々承知している。でもこんな記事を書いてしまう、わかってない奴と思われそうなことをしてしまうのが、自分かもしれない。

黙祷

www.bbc.com

テロに屈せず

www.bbc.com

 


*1 A visual guide to the London Bridge attacks | UK news | The Guardian
 (Globe pubは地図のBorough Market内の右側路地沿いにある)

*2 南側の離れたところということは大体わかったが、最終的には右側に見える緑色看板の薬局「PHAMACY」を検索して特定できた。

 

スタバ トートバッグ当選

スターバックストートバッグが当たった。

4月にスターバックス「チルドカップ」キャンペーンに応募していたのだった。いくつか賞品があったが、チルドカップコーヒーを買ってポイントをためて応募しなければならず、安くすんで実用性がありそうなトートバッグ希望にしたのだった。

f:id:hidsgo:20170602225008p:plain

プレスリリース(2017/02/21) | スターバックス コーヒー ジャパン

 

「ご当選おめでとうございます」

f:id:hidsgo:20170602224029j:plain

キタワァ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆ という感じ。

 

さて、トートは、、

f:id:hidsgo:20170602230628j:plain

あら、なんか小さい。こんな小さなバッグに応募したの? ノートPCとか、せめてA4ファイルが入るくらいじゃないと私には使い道が、、

ペットボトルを入れるとこんなふう。

f:id:hidsgo:20170602230858j:plain

ペットボトルを立てると上が少し出るくらい、横に寝かせると底にちょうどいい感じで寝る大きさ。これはこうやってお弁当を入れるランチバッグね。

キャンペーンの賞品画像で私は大きさを把握してなかったと思う。

 

いやでも、スタバのおしゃれなバッグである。何よりも当選したという、ささやかな幸運、これが大切。価格に見合うくらい投資して応募したわけだしとか、どうせ安い賞品は大多数に配ってたいした競争じゃなかったんでしょとか、ケチをつけないで。

孤独に苛まれ鉛のように重苦しい心を抱えながらの日々に訪れた、ささやかな幸運。大切に。

 

メルカリにはすでにいくつか出品されてるが、、いや何かオサレな使い方を考えてみよう。

 

大事なことなので3回言います。

ささやかな幸運を大切に。

 

TOEIC 頂点からの風景

少し前、映画「チアダン」を見た。福井県の高校のチアダンス部が創部3年で全米大会で優勝してしまった実話をもとにしたフィクション。広瀬すず天海祐希中条あやみ、など豪華キャスト。テレビでCMやら何やらでいろいろ取り上げられていたから、よく知られた映画だったろう。感想:中条あやみタン、よかった ^^   

cheerdance-movie.jp

 

いいセリフが心に残った。

 

 

努力してもダメなことってある。でも努力し続けるしかない

 

 

英語の勉強もまさにそうだ。ネイティブにはなれない。知らない単語・表現は尽きることがない。でも続けるしかない。

 

 

すべてを賭けてやり続け、頂点に立った者にしか見えない風景がある

 

 

このセリフを聞いて思ったのは、TOEICだ。990を取った者にしか見えない風景がある。そう、そうなんだ。

 

TOEICなんて、無限に広がる英語の世界の中のほんのほんの小さな山だ。この山に登らなくても、広い広い世界を旅することはできる。でもほんの小さな山だけど、頂点を極めるのはちょっとだけ苦労する。そして頂点からの眺めはやはり、頂点に立った者にしかわからない。980や985じゃなくて、990。TOEIC山に登り始めた人、頂上近くにまでやって来た人、頂点に立った者にしか見えない風景を、見てみよう。

 

TOEIC問題集の思い出

TOEIC問題集を20数冊まとめて捨てたということで関連する記事を書くつもりが、途切れ途切れになってしまったが、続けよう。

 

自分が試した中で良かった問題集を挙げるなら、前にも賞賛記事を書いたこちら。

全問正解する新TOEIC TEST990点対策

全問正解する新TOEIC TEST990点対策

 

難問が多いということもあるが、前記事で書いた「引っかけ」が説明されているというところがポイントだ。Part 1の引っかけは、この問題集で初めてはっきり知ったのだった。

難問を含み、前記事に書いた「引っかけ」が紹介されるなど説明も詳しいということでは、こちらの本もよかった。

新TOEICテストBEYOND990超上級問題+プロの極意

新TOEICテストBEYOND990超上級問題+プロの極意

 

これらは旧形式の問題集だから、問題を1つ1つ取り上げて吟味することは出来るにせよ、今となっては旧い。同作者による新しい問題集も出ているようだから、いつか見てみよう。

 

今回捨てた問題集の中で新形式対応本は、まだ公開試験実施前に発行されたものばかり。新形式も1年が経過し、当時より十分傾向を分析した対策本が出て来ているだろう (あまり見てないが)。今度受験するときは、それらを試すことになる。

 

あくまで私が試した中からという話で、網羅的に問題集を試したわけではないから、他にも良い本はあったに違いない。それに、当たり前のことだが、どの問題集・参考書がいいというのは結局各自の実力や強化したいポイントによるから、各自がやってみて自分に合っているものがいいということになる。最近は各Partに特化した問題集もいろいろ出ていて、選択の幅が広いから、いろいろ試して自分に合うものをしっかりやり込むのがいいだろう。

 

とは言え950+の受験者層を満足させる問題集はなかなかないだろう。ターゲットとなる数が他の層よりは少ないし、そもそも950+の人たちは問題集をあれこれ買わないかもしれない。私の場合は、特に難問を集めたものでなくても、試験前に問題集はやることにしている。TOEICは制限時間の厳しいゲームだから、実践形式での練習で体を慣らす必要があるためだ。

 

さて、20数冊の問題集を眺めて思うのは、以前こちらの記事で紹介した本が飛び抜けて異色だったということだ。

hidsgo.hatenablog.com

追加記事もしたためた。

記事に書いたように、ミスが多く編集が粗雑で問題の作り方も粗雑だが、何より問題文の内容がTOEICからかけ離れていた。酷かったが、私の常として、記事に書くときは適当に言葉を整えて思いの丈をぶちまけていないため、いまだモヤモヤが残っている。

この問題集作った人に聞いてみたい。TOEICを受けたことありますか? こういう問題が出題されると思いました? 出会い系ネタとかレストランをこきおろすレビューとか出題されると本当に思いました? 誕生日カードを見せて、来年何歳になるかって、いい引っかけだと思われたわけ? ああ問い詰めたい、小1時間問い詰めたい。近所の歯医者を月曜に突然訪れて休診だったから「ゴルフかよ」と呟く男の問題、私はすごく驚いた。日本では平日休診日のある歯医者は珍しくないし、普通は行く前に電話で予約を入れるから。どこの国のどんな生活をしている人がこの問題を考えたのか、聞いてみたい。

今も改訂版が出るわけでもなく販売されているようで、いただけない。

この問題集の批判記事を書いたとき、出版社にも内容とURLは連絡した。なにしろ私はコミュ障で直接相手にクレームを言うのは極めて苦手のくせに、ネットでよくあるお店への文句とか、その場で直接相手に言わずにあとでネットに勝手に批判記事を書くのは正しくないと考える、すごく面倒くさいコミュ障だから。。

ささやかな反発で三修社の本を買うのはやめようかと思ったけれど、現在再学習中のドイツ語で、三修社の本を避けることは難しい。実際、今私が使用している独和辞典は、30何年か前 (!) に発行された三修社のものだ /(^o^)\

 

まあそれはそれこれはこれ。

 

TOEIC問題集の思い出」というタイトルを付けながら、最後は酷い問題集に対する何回目かの愚痴を吐き散らす記事になってしまった。そのために書き始めた記事なので仕方ない。

 

TOEIC 970は容易だが990はちょっと難しい

1年以上TOEICを受験していないのにまとめ的な記事を書くのもなんだが、最近TOEIC本をまとめて処分したので、いつも思っていることをまた書いてみたくなった。今までのTOEIC記事の内容と重複するし、TOEICを何回も受験している人はよく承知してることではあるが。

 


 

1) TOEIC 970 は容易だが 990はちょっと難しい、と思う

TOEICは語彙も限られ、専門的な文章やあるいは英語圏で生活してる人じゃないとわからないスラングが出るわけでもなく、発音も明瞭で、あくまでも中級レベル学習者を対象としているとみなされている。

それならば、ある程度レベル以上の人がTOEICを受験したら皆満点つまり990が取れるかというと、そうはなっていない。いくつか落とし穴、すんなり満点を取らせない引っかけ問題や微妙なところを突く問題が含まれている。だから英語講師でもスコアが970や980だったりするし、TOEIC講師でも連続990は難しかったりする。それがかえってTOEICにパズル的な面白さをもたらし、英語は大体わかる人たちの中に、躍起になって990を目指して連続受験する人も出てくるわけだ。私とか。

TOEICで970は容易だが、990はちょっと難しい。私はそう思っている。

まあ自分がそのレベルにいる、つまり970はなんとか取れるが990はたまに偶然でしか取れないレベルだからそう思うと言われればそれまでではあるが。

 

2) 990 は全問正解しなくてもよい

いちおう990を語るときの予備知識として、念のため記しておく。受験者にとっては常識ではあるが。TOEICの最高点はリスニング495、リーディング495、トータル990だが、そのためには必ずしも全問正解しなくてもよい。テストの回ごとに異なるが、リスニングは3問間違いくらいまで、リーディングは1問間違いでも495になることが多い。高得点者でも990がちょっと難しいのは、リーディングを全問正解か1問間違いに抑えるのがちょっと難しいからだ。リーディングはリスニングよりも微妙な選択肢が多かったり引っかけが潜んでいたりするし、さらに時間制限による圧迫が加わるためだ。

 

3) TOEICは時間との勝負

TOEICは時間との闘いだ。リスニングの45分は少しも気を抜けないし、リーディングは分量の多い問題を制限時間内で回答しなれければならない。リーディングをやり終えることができるのは、かなり英語に慣れてからだ。受験者にとっては当たり前の事実をわざわざ書いたのは、TOEIC経験のない人が問題を眺めただけでどれくらい出来そうと言う場面に出くわしたことがあったからだ。時間の制約があるため、本試験かせめて模擬試験を1度でも経験しないと、得点予想は難しい。ひと通りやり終えることが出来る場合でも、リーディングの例えば「本文の内容と一致するものを選べ」的な問題で、選択肢が微妙な場合には選択肢と本文をよく照合して吟味する必要があるが、時間がないとそれができず、引っかけ選択肢を選び、点を落とすことがある。時間は常に重要な要素だ。

 

4)  引っかけ 1 : Part1 受動態進行形と受動態現在完了形

さて、高得点を取れる受験者でもTOEIC対策をしていない and/or 受験回数が少ない場合に間違いやすい引っかけの代表2つ取り上げる。まずリスニングPart 1。

 

何はともあれ例題。机の上に何冊か本が積まれている下の写真(いらすとや画像)について、4個の文が読み上げられるとする。

f:id:hidsgo:20170515013851p:plain

(A) A woman wears glasses.

(B) Some books are being stacked on the table.

(C) A man is lighting up the table with his pen light.

(D) Some books have been stacked on the table.

 

回答する側は、選択肢をこんな感じで聞いていくことになる。

 (A) 全く違う、楽勝らくしょー、(B) books … stacked on the table 正解はこれかな、(C) light は write と混同させる引っかけ、pen も引っかけ、いやらしい引っかけだなあ、答えは (B) だな、(D) books have been stacked on the table え、合ってるじゃん、(B) も合ってたし、どっち、え、え?

ぼんやり聞いていると、こんな具合に慌ててしまう。

正解は「積まれている」の (D) が正解で、(B) は「積まれているところ」だから不正解。しかし進行形が聞き取れてないと (B) を選んでしまうかもしれない。

is being …ed と has been …ed

are being …ed と have been …ed

これらの音は似ているため、注意していないとわからなくなる。そしてこの受動態の進行形と完了形の問題は、毎回ではないにしてもかなりの頻度で出題される (最近の事情を私は知らないが、以前はそうだった)。 だから要注意だ。私は最初の頃、何回か間違えた。いつも「大体」で聞いているので、進行形と完了形で惑わされているという事実に気づいてさえいなかった。こういう引っかけがあると学んでやっと注意できるようになったが、わかっていても聞き取りは難しい。

 

ところで、上の例のように (B) が正解だと思っていたら (D) も正解だったという場合、最後に聞いた (D) は (B) よりよく耳に残っているであろうし、もしそれが正解ならば (D) と解答するのが正しい。紛らわしい選択肢がなぜ間違いかわからなくても、1つ確実に正解の選択肢があれば、それを選ぶべし。

 

5) 引っかけ 2 : Part7 同義語問題

 

リーディングから引っかけの代表を。リーディングPart 7には必ず同義語問題が出題される。ある単語について、文中の使用法に近い意味の単語を次の4つの中から選べという問題。選択肢にはTOEIC慣れしていない人が引っ掛かりやすい釣り針が含まれているので、気をつけなければならない。

 

例題を作るのは難しいのだが、以下の文で下線語の文中の意味と同じ語を(A)~(D)の中から選べという問題があったとする。

The bank did not honor the check.

(A) respect

(B) praise

(C) accept

(D) examine

 

honorには「尊敬する」「賞賛する」だから (A) respect や (B) praise と思って選ぶと、それは間違い。この場合は「小切手を引き受ける」の意味の (C) が正解だ。respect や praise を文にあてはめると、銀行が小切手を尊敬したり賞賛したりして、意味がへんになる。

別の例として、こちらの記事では note を使って問題を作ってみた。(たしか note が本番の試験で問われたけれど、問題をそのまま再現するわけにはいかないので、ちょっといじったという例題。)  ここでも、 note は何か短いメッセージを伝えるために書いたメモという意味でよく使われるが、問題文中ではそうでないというところがポイント。 

208回TOEICの英語から (2) - hidsgo’s diary

 

同義語問題では、辞書に載っているという理由で選ぶのではなく、必ず文中で置き換えて、その文が意味を成すか、文脈に合っているか、検討しなければならない。問われている単語について、辞書で最初に出てくるような意味の選択肢は、おそらく引っかけだ。

 


 

以上、970は容易だけど990はちょっと難しい、ただし990は全問正解でなくてもいい、ちょっと難しいのは時間制限があるからでもあり、引っかけ問題が含まれているからでもある、という話で、引っかけ問題の例をリスニングとリーディングからそれぞれ1種類ずつ挙げた。

 

内容は今までの記事と重複している。

970は容易だが990は難しい、はこちらでも述べた。

hidsgo.hatenablog.com

スコアと誤答数についての記事。

hidsgo.hatenablog.com

今回の記事で取り上げた引っかけについては、こちらでも述べた。

hidsgo.hatenablog.com

何だか全く同じ内容を繰り返しているフシもあるが、おっさんの独り言ブログ、まあそういうこともあるだろう。