全力、ひとり

コミュ障57歳独身男(結婚歴なし)の存在していた記録

DMM英会話を始めてみた

DMM英会話を始めてみた。

英語の本や雑誌を買うことはあるが(最近はそれもなくなってきているが)、英語学習自体にお金を払うのは久しくなかったことだ。20年ぶりくらいか。

最初の1週間は毎日レッスンした。1日1回、25分間のレッスン。ところがその後はだんだん頻度が落ちてきた。最近は1週間全く何もしていないこともあり、受講料がもったいないので、とにかく予約しなくてはと思っている。

頻度が落ちてしまうのは、前もって予約する必要があるが予定が見えないということもあるにはある。でも一番の理由は、飽きるということだ。

やってみてわかったが、DMM英会話の教材を使ったレッスンは、大体無難にこなすことができる。講師もよく出来ましたとほめてくれる。なんというか、新しく学んだ感が少ない。これが初級から中級レベルの学習者なら、学習曲線は急上昇、レッスンをやればやるだけ単語や表現は身につき、何より場数を踏んで英語に慣れることができるだろう。

私は海外に1人で行くことはできるし、英会話では特に困らない。相手の言ってることが100%わかるわけではない。でも60%しかわからなくても、わからないところを質問することは出来る。またこちらから伝えることに関しては、拙い表現や下手な発音であっても、自分の用件を伝えることはできる。

 

なのに、そもそも何でオンライン英会話を始めたのか。それはこれだ。

hidsgo.hatenablog.com

英語の Reading、Writing、Speaking、Listening のスキルを比較すると、私の場合 Speaking が他に比べて極端に悪い。これを何とかしたい。人が他人を判断するのは、まずその人の話を聞いてからだ。50点のスピーキングでは、たとえリーディングが90点でも、50点の英語力としか見なされない。スピーキングと同じく発信力とみなされるライティングが90点でも、スピーキングが50点ならば、日常生活の場面では英語力は50点に見られてしまう。

hidsgo.hatenablog.com

 

何とかしたい。英語力は保っていたい。そして英語は出来ると思われたい。今は普段英語を話す機会がなく、話していないと必要なときにすぐに言葉が出てこない。だから機会を設けるためにオンライン英会話、手始めにその代表格のDMMを試してみたのだった。

でも、これじゃない感がある。単に教材に沿って25分をやり過ごすというのは、私が必要としているものではないのではないか。

もちろん利用方法によるだろう。上級者や超上級者でオンライン英会話を利用している人は少なからずいるはずで、自分が必要とする利用法をしているに違いない。

どうしたらいいか。模索は続く。