独男の雑記帳

コミュ障60歳独身男(結婚歴なし)の存在していた記録

アールグレイ Earl Grey 発音

Fancy a cuppa?

紅茶のお時間。ベルガモットの風味が香しいアールグレイティー。私も好きだが、そのアールグレイティーの英語の発音について記しておきたい。なぜなら昔イギリスを旅行した時、アールグレイティーを注文しようとしてなかなか通じなかったから。

 

今日の英語

Earl Grey

ポイントは、アールは弱く低く、グレイを強く高く

アール グ

 

日本語では「アールグレイ」と1語になっていて、発音するときも最初のアーから強く

アールグレイ

のように言うことが多いかと思う。ところがこの言い方では英語として通じにくい。

 

アールグレイ Earl Grey は、グレイ伯爵のこと。アール Earl が伯爵を表す称号で、グレイ Grey が苗字。アールグレイ紅茶は1830年代に英国首相だったチャールズ・グレイ (第2代グレイ伯爵) に由来するが、wikiによるとどのような関係か、はっきりしないらしい。

 

Earl は称号、つまり Mr. などと同じ役割。Mr. Grey「グレイさん」なら Grey という名前に意味があり強調し、Mr. はその前に添えるだけになる。同様に Earl Grey「グレイ伯爵」でも強調するのは Grey という名前。強調するときは音を強く高く発音する。文字の大きさで表せば

アール グ

という具合になる。アールは弱く低く、グレイを強く高く。Grey の出だし G は子音なので実際に強く発音する音 Rey を強調している。

ケンブリッジ辞書の音声発音がわかりやすい。

Earl Grey  /ˌɜːl ˈɡreɪ/

dictionary.cambridge.org

 

人名グレイを際立たせる点が一番のポイント。日本語でよく発音されるようにアールが強いと全体の語の感じが変わってしまい、通じにくいということになる。

 

発音についてその他は細かなこと。

Earl のアーは発音記号なら /ɜː/。これは あいまい母音 schwa (シュワ) /ə/ を長く伸ばしたもので、口を小さく開けて、アでもイでもオでもないぼんやりした音を出して伸ばす。イギリス英語の場合は巻き舌 r の音を入れなくていい。語尾の l は舌を弾かなくていい (「暗い L 」の発音)。アーゥくらいの感じ。Grey は l ではなくて r の音にいちおう気をつけ、つまり舌は浮かせたまま二重母音レィを強く高くしっかり発音。

これらは細かなことで、くどいけれども大切なのは、Grey を強く高く、Earl は軽く添えるということ。

 

というわけで、日本語でアールグレイと1語で言う場合と、英語で Earl Grey を発音する場合の違いでした。

Have a nice cup of tea !